無料ブログはココログ

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005年8月30日 (火)

サンデーナイトフィーバー。

カナリ遅くなりましたが、札幌旅行記です♪

札幌に宿を取ったのは知人が札幌にいる為です。ナカナカ時間が合わず、とりあえず、一人で北都を散策(物色・笑)。ラーメン横丁で味噌ラーメンを食しました。う~ん、ナカナカ美味でした。しっかし、中心部と云う事もあり、賑やかな町ですな(笑)。ウチの近所で言えば、関内(分かりづらい場合はこちら)に似てるかな???オトナ(深意ナシ・笑)も楽しめる町って感じです。そうこうしてるとケータイがプルルルル~♪。以下、略(以上・笑)。

2005年8月28日 (日)

わ~たしバッテン印のサウスポ~。

4枠8番から好ダッシュ。4コーナー廻って、勝負アリ。左回りなら予想通り、相当強いところを拝見(マジ拝んじゃう・笑)。って言うほど右回りがダメな訳でなく、3戦2着2回…掲示板を外したと言っても、0.4秒差。さて、ドコまで強くなっていくんでしょうか(笑)。ウチの仔たちと一緒のクラブとは、とても思えません(苦笑)。

兎に角、出資者の方々及び、関係者の皆さん、オメ&ゴチ(ホントに嬉)っ!!!!!

大先生~(笑)。

ただいま新潟の7レースでヨ○ト○先生の騎乗振りを見て苦笑。アナタ…直線で鞭を落としてませんでしたか???直線に入ってイザ追い出そうとしたら黒い長尺ものが後方へ一人旅…(笑)。ユタカとスペシャルウイークの名コンビじゃないんだから、ムチは落としちゃダメよ(笑)。って事で、フェザーレイで汚名返上してください(そんな私は自己チュー)。

ミッドフェザーデイ。

え~と…。昨夜の事はスルーで(笑)。

いやぁ~、強かった~。えっ?小倉の1レースのウイングビートの事です。って、もう少しすると姉の登場です。新潟の8レース、グリグリの大本命。フェザーレイ。ココはいわゆる、行きがけの駄賃ですね。当然、競馬はナニが起きても不思議はナイですが、贔屓目抜きにしても、タダ貰いカナと。つーか、単勝をシコタマ買った私にとっては、勝ってもらわないと今月(というか来月。)ピ━━━(゜∀゜)━━━ ンチ!!!!!(マジ・笑)。一口出資されてる方は2着、3着、それ以下の着順でも賞金が入ってくるのでイイですが(俗物的発想・聞いてますか、東海地方(ズームして愛知。)の御仁~。笑)。

この姉弟、競走年齢に達した仔たちは皆、勝ち上がってます。エルフィンフェザーって、いい仔出しですねぇ~。スッゴク母の力って偉大だな~。来年は母父SSも重要なファクターとして考えないと(←鬼が笑いますよ。)。その前に今日のレースが真剣勝負(本気)。まぁ不安はヨ○ト○大先生だけかな(笑)。

2005年8月27日 (土)

徘徊。

急な所用の為、本日の日記は明日にでも…(←ドコ行くのよっ!)えっ!?ヒ・ミ・ツ(うふ。)

2005年8月26日 (金)

昭和枯れすすき…ノ。

さて、牧場見学も終わり、ここからは初の札幌競馬場観戦です。レンタカーを返却し、新千歳より桑園へ。特急に乗れたので早い早い(笑)。予定よりも早く到着。入場券を購入し、いざ、札幌競馬場っ!スタンドが昭和の香り…(古)。でもナンか、近代的で豪華絢爛で鉄火場の香りのしない中央4場より、落ち着きますね(笑)。

この日のメインにはGⅠウイナーの参戦もあり、カナリ混雑。まぁ、今日は友人の愛馬が、そのメインで有力視されてるので、そのレースの馬券に集中。って言っても、前日には買い目を確認済み。ライバルと目されたGⅠウイナーが馬体増もあり、消し。自信を持って、馬単に諭吉様を○枚、投入。レースは4コーナーでゴチャついた事もアリ、私の馬単一点勝負は4着5着…(いつもの事です…悲)。初の古馬相手で、尚且つ、前が飛ばす展開の中で踏ん張った友人の愛馬は、秋のGⅠ戦線でも楽しみではないでしょうか。

という事で目的終了。ふと見ると、ラ○ィ○ンの岡○社長が新潟のメインに出てる所属馬を声を出して応援してます(笑)。その応援もゴール30メートル前でフェードアウト。モニター前に佇む姿はフツーの馬券オヤジそのもの(失礼っ!)。応援するのに馬主も一般ファンも変わり無いって事ですな(納得)。友人を見送る為、札幌駅へ…(ナント、日帰りですよっ!北海道まで来てるのにっ!日・帰・りっ!)。駅構内で別れて、私は札幌の町へ…(流離)。

to be continued…。

2005年8月25日 (木)

羨望。

さて、私の愛馬の見学が終了し、次は只今、馬運が絶好調の友人の愛馬の見学です。1歳馬を見学させて頂き、「若いなぁ~。」が第一印象。Aベガの残り少ない産駒なんで、父の名声を高める活躍を期待します。不安は厩舎かなぁ~(と言うよりも騎手起用が…苦笑)。あっ、大きなお世話ですね(笑)。

そして、少し移動して休養中の4歳馬を拝見。先日、降級後の一戦を勝った御褒美でしょうか。少しユックリさせてるみたいです。でも、もう乗り始めるとか…。スタッフ曰く「育成時はブラックタイド、アドマイヤビッグと並ぶ、期待の1頭でした。咽喉鳴りの関係もあり、まだこのクラスですが馬体はOPクラスです。マダマダ活躍してもらわないと…(苦笑)。」ふーん…。いいなぁ~、牧場サイドからも期待されてる馬は…(苦笑)。

また、友人が某クラブで出資してるGⅠ馬が、この厩舎で休養中で、そのクラブの規約からだと日曜日には見学出来ないんですが、ダメモトで御願いしてくれたら「只今、舎飼なんで厩舎の中で顔を見る位ならイイですよ。」

ヤターっ!!!!!流石、威風堂々とした雰囲気で落ち着いてます。「走る馬って、走る事以外にエネルギーを浪費しないんですよ。それが走る馬の条件の一つではないでしょうか。」と牧場スタッフ。そっかー。って、待てよ。先程、見た我が愛馬が言われた言葉の中に…「とにかくヤンチャで落ち着きがナイですね~。牝馬や人間に対して落ち着きがナイと言うか…(苦笑)」って、どう解釈していいものか…(悲)。

そして、ふと他の馬房に目をやると、ナントっ!爆睡してる姿がっ!牧場スタッフ曰く、「こんなにリラックスして寝る馬は普通、いないんですけどねぇ(笑)。人間に対して警戒心が無いというか、安心しきってるんじゃないでしょうか(笑)。」            
ふーん…いい仔なんだなぁ~と、感心。この仔も結構な活躍馬で、こんな間近で見れるとは…(驚) 

ということで、愛馬見学は無事終了。御世話になった皆さん、有難うございました。

さて、次は御楽しみ第2弾の「札幌競馬場観戦記」へと続きます(笑)to be continued…。

2005年8月24日 (水)

既視感。

昨日書いた2歳牡馬が…。所属クラブの情報更新が突然あり、以下転載。「8月22日(月)去勢手術を施しました。術後は順調ですが、しばらく舎飼で様子をみます。」…って、おいっ!既に手術完了かいっ!これで後世に血を伝える事は、残念ながらムリ…(←オイっ!正気かよっ!笑)。これもクラブ、牧場サイドが良かれと思って施した対応だと思いますので、以上…(無念だ…財前教授風)。

また、所属予定厩舎に以前在籍していた大先輩がGⅠ2勝馬の偉大なブランディスって名ジャンパーです。なんか昨年、出資する際、「この厩舎ってJ・GⅠを勝ってるんだよなぁ~。この仔はどういう道を歩むんだろうか…?まさか…(謎)。」を思い出しました(笑)。

なんか力が抜けてしまったんで北海道旅行記はマタ。

2005年8月23日 (火)

怪力乱神。

3歳馬に後ろ髪を引かれつつ…。次は2歳牡馬が育成されてる厩舎へ移動。ここが私にとってのメインです(笑)。引かれて出て来ました我が愛馬。命名後、初の御対面という事で私が緊張(笑)。そんなこととは露知らず、相変わらず煩そうにしてる仕草に、大物感タップリ(←完全贔屓目)。

そうこうしてる内に、H瀬調教主任の登場っ!そして発された言葉が…「うーん、取っちゃおうっ!」ってカンジの明るく屈託のナイ御言葉…。マダ(8月22日現在)実行されてませんが、あの感じだとなぁ~(苦笑)。まぁ、脚元はもうソロソロ前進が見られるという事で、これからは遅れを取り戻すべくガンバッテもらいましょう。

また、悲報もありました。初めて耳にしたんですが、その仔の母が今年の春に亡くなってしまったとの事…(合掌)。今年の6月に姉も逝去し、母も、とは…(悲)。最後の産駒となってしまった我が愛馬には天国の母に朗報をもたらせる様、活躍して欲しいです。

そして、充実した時間は早いもので、御別れの時間がやってまいりました(悲)。案内、説明をして下さった皆さんに御礼を言って、別れを惜しむ愛馬に背を向け(←またもや真逆)、今回の愛馬訪問は終了。H瀬調教主任、事務局のY上さん、そして育成スタッフの皆さん、今回の見学では大変御世話になり、ホントに有難うございました。

マダマダto be continued…。

2005年8月22日 (月)

ごた~いめ~んっ!

先日の続きを…。

千歳に着いた…。お盆だというのに、ホントに空いてますな(拍子抜け・笑)。とか言って、ボーッとしてる暇は有りません。同行予定の友人が30分のタイムラグで千歳に到着します。その前に空港内の某レンタカーの受付へ…。無事、手続が済み、レンタカーで空港に舞戻り、OKっ!友人と合流し、さぁ、LET’S GOっ!

友人は牧場見学ヲタク(失礼・汗)と言っても過言ではナイ程なんで、道案内はお任せ料理ってカンジ(笑)。空港から20分程で、私の今回のメインステージに到着(後はどうでもイイっす・笑)。マズは事務所へ挨拶&愛馬たちが御世話になってるので御土産代わりのYロ(少なかったカナ…笑)。

そして少し離れた厩舎でマズは3歳の牝馬と御対面~っ!正直、体質の弱さに、頭を悩ませてたんですが、イロイロ話を聞けて、少し安心。未勝利が少なくなってきてる時期なんで、なんとかデビュー出来ればと思ってた私に、一筋の光が(笑)。事務所の方に「この仔は直線坂路のハロンレコードを持ってるんですよっ!」っと言われ、「へっ?」と私の頭の中は?マークが洪水のように…(笑)。少しの空白の後、やっと理解(笑)。公式HPを見る限りでは、「強い調教が出来ないのかなぁ~。デビュー出来るのかなぁ~。」との印象でしたが、少し期待(←ウソ。カナリ期待・笑)。ネガティヴな御話も頂戴しましたが、スルーで、って感じです(←都合良過ぎ)。

別れを惜しむ愛馬に背を向け(←真逆)、問題児のいる、次の厩舎へ…(苦笑)。

to be continued…。

そうそう、前回の記述の中でシェアザストーリーを推した私は当日、寝坊の為、馬券を買ってませんでした(涙)。出資者の皆さま、関係者の皆さま、及び馬券的中された方、誠にオメデトウございます。以上。えっ?直線重賞の話はどうしたかって???当たってればトップニュースです(悲)。

2005年8月20日 (土)

事後報告。

遅くなりましたが、先日の旅行記を。

前日までに全ての手配を済ませておいたので、慌てる事無く当日を迎えました。(と言っても前日に既に出発。)予約してあった羽田近郊のJAL提携の駐車場にチェックインっ!しかし、朝5時以降の受付という事で門外で時間潰し。愛読新聞の馬三郎を読んでたトコ、ウトウト…(グウ~グウ~Zzz)。はっ!と気付いた時には、長蛇の列…(ナニしに前日から来てたんだか…笑)。とはいえスムーズにチェックイン。清算し、マイルを貰い満足(笑)。

時間に追われる事がイヤな私は早めに羽田に到着。お盆時期で混雑覚悟だったんですが、朝一のフライトの所為でしょうか。ガラガラで拍子抜け…(笑)。搭乗手続きを済ませ、サンスポを買いに徘徊…。朝早いと売店も開いてないんですね。

そんなこんなで出発。飛行機もガラガラ…。結局、私の隣席は空席。ふーん…一番混む時期だと思ったのになぁ。余談ですが、私、お子チャマなもんで(笑)予約可能な限り、窓側希望するんですよ。外を眺めてるとナンか得した気分(笑)。「今、どの辺かなぁ~。」と思いつつ、ボケー、としてるのが飛行機の中での暇潰しです(笑)。っで千歳に到着…。

to be continued…。

そうそう、明日の日本唯一の直線重賞はスピニングノアール→カルストンライトオの馬単一点で買おうかなと(自信アリでなく予算ナシの為…笑)。また、未勝利戦では3レースのシェアザストーリーがイイんじゃないでしょうか(笑)。

2005年8月15日 (月)

さ~よな~らなんかは言~わせない~♪

只今、戻りました。

2005年8月13日 (土)

新宿二丁目…?

私の2歳の愛馬が…、以下クラブHPより抜粋。「なお、普段の仕草や、ある程度のキャンターまでいった時の気性が激しいため、この時間を利用して去勢手術を施すことも検討しています。」……………??????????。おいっ!そこまで気性が悪いのかね!まあ、競走馬として能力を出し切る事の妨げになるのであれば、致しかたない…(悲)。

明日からは以前より計画してた「愛馬見学&札幌競馬場ツアー」です。ちょうどいいので、牧場スタッフに去勢の事聞いてきます(なんならば、私の…以下略)。また、同行の友人の愛馬がクイーンSに出走予定なんですが只今3.8倍の二番人気(10時30分現在)。こりゃ、旅行代が捻出できそうですな(笑)。

っで、この差はナニよ(苦笑)。

2005年8月 8日 (月)

8耐の再放送を見て…。

えっ…。知らなかった…。今の鈴鹿って、ヘアピンからスプーンカーブの間にシケインが在るんですね…。私がオートバイに熱くなってた頃はW・ガードナー、平忠彦、K・シュワンツなど錚々たるメンバーが出場してまた。その中でも大のお気に入りのライダーがK・マギー。このレースを見て感動をしましたね。あの頃…。

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

My愛馬たち

愛馬たちの御仲間
おすすめブログ&おすすめホームページ