無料ブログはココログ

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月28日 (火)

後出し~、じゃ~んけ~ん、ポン。

さて、色々なドラマがあった先週の中央競馬。あっ、ブルーショットガン、買うてたのに外したオイラは…orz

でもね、中山記念、当てちゃいましたっ!今年初の万馬券Getっ(コリンのデビュー戦以来だ…)!えへっ。ず~っと目を付けてたエアメサイアが軸でした。でもね、豊JKの重賞成績を見て&当日の大雨。18日のシックスセンス(京都記念1着)、19日のカネヒキリ(フェブラリーS1着)、ロジック(アーリントンC2着)と騎乗機会3連続連対。そろそろ3着があっても…という予想と(←希望)、この雨で悪化してるであろう馬場を考えて、差し切るのはムズイんじゃないかと思い、3着固定。相手に先行するであろう馬たちを1、2着にしての3連単。ラジオを聴きながら絶叫しちゃいました(笑)。だって聴覚だけだと余計に妄想が膨らみ、興奮するんだモーン(あっ、タマタマ車に乗ってて、家に着く前に始まってしまった為です、ヘンな趣味はナイっす・汗)。

まぁ、こんな事は年に数える程度ですから、チョーシに乗らずオーシャンSの4日前予想…(チョーシに乗ってるっつーの!)。メンバーも枠順も分からない今、ネ申が降臨っ!う~んとね、マルカキセキとアイルラヴァゲインとシンボリエスケープかなと。あっ、Sエスケープは現時点で除外対象なんで回避馬がでた場合のみですよ、お客さんっ!まぁ戯言だと思って土曜日をお楽しみにっ!!!

あれっ?このブログって馬券日記なの?いえ違います。零細貧乏一口馬主日記なんですが、3歳の愛馬、熱が上がったり下がったりのようで、風邪っピキなんです。あんなタイトルの日記、書かなきゃよかった………orz

2006年2月25日 (土)

dramaticっ!

もうすぐ弥生三月。この時期になると新人ジョッキーや新規開業トレーナーのことが話題になります。そして、引退する騎手や定年を迎える調教師の事も………。

今日、馬券を購入したいレースがあり、先日、久しぶりにPATに入金。
御仲間の愛馬が勝ちそうな雰囲気を醸し出してたので、「おぉっ!パラサイト馬券で御小遣い稼ぎをしよ~」と思い、相手を絞って購入。ゴチでした(喜)。4コーナーっを回ってからの末脚は強かったですねぇ。距離を一ハロンずつ延ばしてきて競馬がスッゴク上手くなったような気がします(羨)。一昨年の九月の社台ツアーでNF空港にいた「この馬」は(一年半前の出会いに乾杯・笑)。当時、某大先輩に激しく勧められましたが、私、既に他の馬に出資してた為、金欠………(哀)。母父からしても距離延長は大歓迎ですよねっ!次走は?(笑)。とにかく、関係者の皆様、オメデトウございます(笑)

そして、当たったお蔭で残高が増えたので(珍しい…)、競馬新聞をパラパラと見てたトコ………、「おっ!ユーイチが今週で定年を迎える師匠の馬に乗る最後の機会だぁー、ここは『勝つ事』が餞になるな、つーことは頭固定で買いだな。」と思い、「相手は………いたっ!ココにも今週で定年を迎える調教師がっ!まぁ、近走の成績からは狙い辛いけど、『ラストランでワンツー馬券』だっ!」と思い、ストラタジェムブライアンズレターを1、2着固定の3連単総流しを○○○円ずつ購入…………………orz。言いたい事はタクサンありますが、「敗軍の将、兵を語らず」ってコトで………(涙)。でもね、よく考えたら(よく考えなくてもね♪)、勝ち馬は大久保正厩舎で一番活躍したNブライアンの娘。しかも鞍上が全盛期のNブライアンを唯一、負かしたスターマンの主戦の藤田JKとは…。なんか感慨深い思いが頭を駆け巡りますよね、こーゆー結末って(そーでも思わないと悔しくて・笑)。

つーか、熱、出てんのに写真を撮ってもらってる、私の三歳の愛馬にはどんな『どらまちっく』なことが起きるのかなぁ~(もう既に…って噂も…苦笑)

2006年2月20日 (月)

HOPっ! STEPっ!! JUMPっ or DROPっ!?!?!?

えへっ(嬉)。ツイに来たよ、未踏の地、本州(笑)。

オレさぁ~、一番上の姉ちゃんがスッゲー活躍したから、昔からケッコウ言われたのよ。『姉ちゃんの割に父ちゃんが渋めだねぇ』とかいうのはマダいい方で、『なんで父ちゃんがSSジイさんの中でもツヨシ父ちゃんなのよ』とかね。別にオレ自身が父ちゃんを選べる訳でもないし、個性的な(アクの強い?)父ちゃんでイイじゃん、って思うんだ。まぁ、父ちゃんの子たちの傾向からダート馬っていうのはアナガチ間違ってナイと思うけどね。生まれ故郷の先生達にも言われたしさ。

っでね、生い立ちはさ、社長にもイロイロあった、って言われたんだけど、社長と懇意にしてる学校の先生の教室に入るみたいだし、イッチョ、ガンバろうかなと。でもさぁ、オレ自身、よくここまで来れたと思うんだよね。まあ体も完璧に仕上がったワケじゃないと思うんだけど、一昨年や去年はマジで『ヤ、ヤバイっ!!!』ってこと、何度もあったもん。なんとか乗り越えてこれたのも、自分自身の努力のお蔭だね♪

あっ、間違えた。イロイロと教えてくれた牧場の先生や御医者さん、見守ってくれた事務所スタッフさん、そして、名前を考えてくれたオッちゃんをはじめ、御飯代等を出資してくれてるみなさんのお蔭です。父ちゃんの父ちゃん母ちゃんの父ちゃん母ちゃん、、前出の姉ちゃん、そしてオイラのタ○タ○(涙)も、もうこの世にはいないけど、頑張るよ。自分自身の輝ける未来の為に。

以上、名付け親として、妄想と歓喜の中で代弁しました。

2006年2月19日 (日)

喜びも悲しみも幾年月。

ついに、ついにキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!って言っても16日の話なんですが(汗)。

まだ、公式サイトでアナウンスされてないんで、詳細は書けませんが(←ケチ)、移動を視野に入れてるトコロみたいです(喜)。

先日、夕刊紙をパラパラと捲ってたトコ、目に飛び込んできた広告(webでスイマセン)に驚愕っ!「激安じゃ━━━━━━ ん!!」と感化され、北海道、行こうかなぁ~と、衝動的に思い、クラブに出資馬の事で確認した時に聞かされました(嬉)。

いろいろとあったコイツには人一倍、思い入れ(それを一般的に思い込みと言う)があるんでガンバッテ欲しいな…。まだユニコーンSには間に合うからねっ!(←時期的にはね。能力的にはワカランが…苦笑)

ってコトで前祝です♪明日の今年第一弾のGⅠ、フェブラリーSはアイツの甥っ子を心中…間違えた、中心に帯封を…(←無茶)。皆さんにも良い結果が出ますように。

PS. 私、近ツリの回し者じゃありませんから(知ってる?あっ、そーすか)。

2006年2月18日 (土)

Memorial Days…。

10years ago…。

さっき、気が付いた…。あれっ?今日は2月18日だよな…と。忘れてると思い込んでたのに…。十年一昔って言いますが、ホントにそうだ…。あの雪の降る日の有頂天だった私に、今の私が想像出来たのか。今までの総ての意思、決断が今の私を現してるんであろう。今までも、後悔したコト、反省したコト、たくさんありました。器用でなく寛容でもない自分に、愛想を尽かした人の背中を見て、自己嫌悪の日々もありました。でも、その時に学びました。どんなに失敗しても、私は自分自身からは逃れることが出来ないと…。だから、後悔、反省、そして失敗という『負の財産』も受け入れられる自分でありたいなと…。負のパワーを正のパワーに転換出来た時、心の底から、喜びの日が来るのでしょう。だから『偶然を運命に変えるのは自分自身』を胸にこれからもガンバッテいこうよ、自分。

私があなたと『今』を過ごしてるのは、これまでの全てが結果ではなく、過程だったのだと…。4日遅れでも、関係ないよ。チョコ、ありがと(おぃっ!ソレがオチかよっ!!!)。つーか、前出の友人の話でした(笑)………orz

あっ、それでね、ひとつ言い訳。ホントは2月19日に書いたんですが18日関連ネタなんで日付を意図的に変更してますので、ご了承を(願)。

2006年2月 8日 (水)

ライク ア ジェットコ~スタ~…。

本日、私の期待の3歳馬の情報が、オフィシャルサイト上でUpされました。
以下転載(天災?)。

「ソエの状態はだいぶ良くなり、この中間から坂路調教を再開しました。現在周回コース3500mをハロン17-18秒、週1回NFへ移動し、坂路をハロン14秒のペースで乗っています。調教後もソエを気にする素振りはみせませんので、様子をみてピッチをあげていきます。現在の馬体重は493kgです。」

って、二週間前のの更新時は「…やはりペースダウンは避けられない状況です。調教が進んできただけに残念ですが、良化が確認されるまでは…(後略)。」という内容でした。まぁ、生き物相手の趣味ですから、一喜一憂してたらイケナイとは分かってるんですが、今日の更新で入厩も近付いて来たかなと(チョーシにのってると…笑)。

つーか、最近の更新はネガティヴ→ポジティヴ→ネガティヴ→ポジティヴ…と、きてます。次回の更新は………モルディヴ?(つまんねぇ~っ!しかもビミョーに韻を踏んでないし)

2006年2月 6日 (月)

プロパガンダ。

あのですね、今月号(1月20日発行)の社台T/C、サンデーT/Cの会報、『Thoroughbred』誌の「繋」の一部、及び今週号(2月6日発行)の『ギャロップ』誌の「愉快な競馬ターミナル」の一部は少し(大きく?)脚色されてます(笑)。

でもね、コリンがNF空港牧場から離れたのが(産地馬体検査等除く)32日しか無いコトや、コリンに逢いに行ったこと、そして、日経新春杯で5(インティライミ)→11(スウィフトカレント)→4(アドマイヤフジ)の3連単を6000円と3連複を1000円、持ってたコト、ウインズ横浜で頭がクラクラしたコトも事実です………orz(3連単、確定オッズで167、6倍×6000円は………涙)

つーか、一口を始めてから、完全に某先生の飯のネタになってる現状が、いかんともしがたい………orz

っでね、昨日、東京競馬場に行って来たんですよ。馬券の収支はおいといて(号泣)、一つ不満があるんですよ。それは、「なんで府中本町の駅からの競馬場への連絡通路は傾斜があるのか」ってことなんです。まぁ、構造上、地形上、その他諸々の事情があっての事だと思うんですが、行きの下り坂ははイイんですよ、「今日は競馬だぁ~」って足取りもより軽くなるから。オケラになった後の上り坂の辛いこと、辛いこと…orz

2006年2月 3日 (金)

相関図。

っでね、今、ハマッてるのは「小早川伸木の恋」です。まっ、オ・ト・ナ・になると色々あります、恋の花(笑)。

つーか、キャストが最高っ!「白い巨塔」の財前教授を見たあとに小早川先生を、佐々木さんを見たあとに越智助教授を、見るとどーしてもゴッチャになって笑えます。って、「白い巨塔」と「小早川伸木の恋」ってナニもリンクしてませんが、この二人に関しては、CXは故意にキャストを選んだと私的には睨んでます(妄想)。

贖罪。

某ブログでドラマがネタになってるので私も(笑)。←私って影響されやすくて主体性に欠けてますね♪
久し振りに見ちゃいました、再放送された「白い巨塔」。一昨年にも見たんですが、ハマリますよね。毎回、イロイロなシーンでドキドキし、涙した、スッゴク好きなドラマでした。

いろいろな名台詞がありましたが、一番、印象に残ってるのは二つあって、一つは財前が真実を知るために千成病院に里見を訪ねた時のこと…。

自分の病状を冷静に推測する財前に里見は検査の後、真実を告げ、里見は千成病院に来ないかと誘うが、財前は「大学病院の人間は大学病院の中でしか死ねない」と拒む。そして………。
「後悔は無いよ、里見………。ただ…、無念だ………。」と言い、病院を後にする財前…。(涙、ドワァァァ…)

もう一つは財前が意識を無くし、危篤状態の中、里見の手を握りながら………。
「佐々木さん…、ベットはありますよ………。」罪の意識を感じながら、呟く財前…。(涙、ドワァァァ…)

えぇぇぇぇぇんんんんん……………。明日の朝、目、腫れちゃうよ…。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

My愛馬たち

愛馬たちの御仲間
おすすめブログ&おすすめホームページ