無料ブログはココログ

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月30日 (日)

競走馬は考える脚である。

行ってきました、東京競馬場。共同通信杯以来のライブ観戦でワクワクしながら…。

先に申し上げますと、行きよりも帰りのほうが、御財布が重くなっておりました(嬉)“硬貨で”じゃナイですよ(ホント)。私ごときが京都のメインレースの事を述べてもしょーがナイので、他のレースの事を…。

このレースは少頭数という事もあり、馬券は買わずに見ていたんですが、スタート直後に1頭落馬がっ!結果的には大事故に繋がらなかったんで良かったんですが、バックストレッチからグングン加速する馬が…。「ジョッキーいないじゃんっ!」そうです、スタートして直ぐに躓いて佐藤哲JKを振り落とした競走馬です。当然、騎手が鞍上にいないので成績的には「競走中止」ですが、4コーナーを迎えるまで、レースを作りながら、逃げる、逃げる。

場内からは、「後続を幻惑させないか」という心配の声と、あまりの速さに「うゎ~」という笑い声もチラホラ…(失礼)。4コーナーを回って、逸走気味に外に膨らんで、自らペースを落とし(私見ですが)、「あっ、これでホントに“競走中止”だな。後続馬群も大丈夫だ」と思ったのも束の間(笑)。馬群の外から追い上げてくるじゃ、あ~りませんか(驚)。1頭、2頭、3頭と抜いて行き、最後は三着馬の前に入線。

俗に言う「競馬は馬7人3」という言葉がありますが、このケースは明らかに「馬10人0」でした(いろんな意味で)。56kgの負担がナイのはとはいえ、直線の伸び脚は際立っていました。

ゴール通過後、スピードを落としてクールダウンをしながら、他馬と同様に1コーナーを回る姿に、頬が笑みで緩みました(笑)。競走本能の成せる業なんでしょうか。

う~ん、私が「考える葦」になりました。

2006年4月28日 (金)

おー出ー掛けしましょー♪ PARTⅢ

我が親愛なる「たつくん」の予定がupされました(←ナンじゃ、それ?)。

明後日、「スイートピーS」の馬券を買いに某所へ出没予定です(←巷では天皇賞が話題の中心ですが)。GWってドコでも混んでて好きではナイのですが(ウチの近所の国道134号線なんて夜中なら10分で行ける所が、GW期間中は1時間以上っ!)、今日、ラッキーな事に電話が繋がり、GET出来ました(嬉)。これでユックリ、マッタリ出来そうです(喜)。

そして、6月の17、18日もナンとか無事通過の様です(←安心するにはマダ早い)。だって火曜日には着いてるハズだもーん(そーゆー事、言ってると…汗)。

おー出ー掛けしましょー♪ PARTⅡ

我が期待の愛馬、ブラッドくん(みなさ~ん、“期待の”って修飾語に過剰に反応しないように・笑)。本日情報更新され以下転載。

「熱発の影響で馬体が戻るのに時間が掛かりましたが、ようやくいい頃の状態になって、同時に動きも戻ってきました。現在は坂路2本をハロン15秒程度のキャンターで乗り込まれています。現在の馬体重は472kgです。」

おぉっ!前向きなコメントですね(喜)。順調であったなら2月22日に入厩していたハズだったのですが、一頓挫あり、山元滞在が長期化…。コイツも(←擬人化?)ナカナカ入厩してくれず、寂しい思いをしてましたが、ソロソロ…(願)。東京開催には間に合わないと思いますが、何とか2回福島開催には出て欲しいなぁ~。

つーか、6月17、18日はダメだよ(そーゆー事、言ってると…汗)。

おー出ー掛けしましょー♪ PARTⅠ

我がカワイイ可愛い愛馬、コリン。昨日情報更新され以下転載。

「屋内坂路コース3本、ハロン15~16秒くらいのキャンターを乗り込まれており、調教量が確実に増えてきたのは良い傾向です。歩様に問題なく、暖かくなるにつれて体質もしっかりしてきました。今後もいまのペースを守って移動~入厩に備えたいところです。現在の馬体重は前回と同じ526キロです。」

やっと体質が強化されてきたって事でしょうか(苦笑)。コリンがNF空港牧場に居る事に慣れ切ってしまったオイラは、なんだか「移動」とか「入厩」って単語が出てくるとドキッとしてしまいます(←喜ぶべき事象だってば)。

次は必ず会いに行くからね(←言ったな)。鍛錬の日々を無駄にしないよう、ガンバレっ!

つーか、6月17、18日はダメだよ(そーゆー事、言ってると…汗)。

2006年4月15日 (土)

皐月賞、四月にやるのに皐月賞…。

ずーっと疑問でした。四月に施行してるのにナゼに『皐月賞』…。
ツマンナイことっすね(汗)。そんな事よりも明日のソレは馬券的見地からも面白いっすね。近年稀に見る大混戦の様相を呈してます。このレースのステップレースとして王道といわれる共同通信杯→弥生賞と連勝し、最有力と目されてるアドマイヤムーン。鞍上も日本のトップジョッキー(本年重賞レース限定ですが(4月15日現在)二十一戦6勝、二着5回、三着3回と勝率 .286 連対率.524 複勝率.667っ!改めて、スゲッ!!!)で、死角は少ないように思えますが…。

んでもって私の◎は………。フサイチジャンク。
タイム的にどーとか、対戦してきた相手がどーとか、言われてますがイインです。走法、血統背景、そして、並みの馬に4連勝は出来ないとの持論もあり(←思い込み)、本命視しました。また、日本の競馬史に多大な影響を与えた、サンデーサイレンスの産駒という事も多分にありますが…(汗)。だって、来年からは皐月賞でサンデーの仔の馬券を買う事が出来ないんだモーン(←不純)。全勝で若駒S→若葉Sを連勝するのは久し振りに見ました。トウカイテイオーに続けるか!?当時の若葉Sは中山開催でしたが…(汗)。

そして○はキャプテンベガ(←またSS産駒かいっ!)。
兄たちと比べると現時点での完成度にはマダマダ差がありそうですが、逆に言えば成長する余地があるという事かなと(←都合良すぎ)。◎同様、対戦してきた相手等で人気が落ちるなら、狙い目十分。皐月賞に相性のよいSS産駒は買いたいですよね。

話が脱線しますが若葉Sで230円だった馬単の組み合わせが明日、買うとナ、ナントっ!5,740円っ(14日 21時15分現在)!!!(←メンバーが違うんだからトーゼンじゃん。)
こりゃオイシイっすよね(同意を求めてます)。

そして▲はサクラメガワンダー。
Aムーンを唯一、負かしたこの馬も前走の負けで人気を落とすなら、気楽な立場で一発があるかなと。鞍上込みで単穴に推します。

△にAムーンとドリームパスポートを。前者は馬券圏内を外す事は考え難いですが、私の危機的経済状況では(涙)、一番人気必至の馬は◎に出来ません(←負のスパイラル)。そして、後者は乗り替りの経緯に不安がありますが(勝負度合いという意味で)、調教から乗り慣れてるという事で相殺。この馬は、鞍上ともに地味ですが強いと思います(抽象的だね)。

つーことで、以上の五頭でイロイロな馬券を買おうかなと。つーか、完全に馬券日記になってきた…(汗)。だって、ウチの愛馬たち、入厩しないんだモーン…(滝涙)。

2006年4月 7日 (金)

KEIBA is My LIFE !

『第66回 桜花賞』枠順決定。

「馬大好き、馬券好き人間」にとっては待望の週末がやって来ました。

先程、愛読予想紙を買い、熟読。トライアルや関連レースを見て、狙ってた馬たちの枠順を確認。一頭はベスポジじゃーん!もう一頭は…、ちょっと外かな…(汗)。

さて、恥も外聞も関係なく、予想しちゃいます。

今回の桜花賞、展開的に見て、前に行きたい馬が多いいのですが、玉砕覚悟で行かない限り、得てして牽制し合いペースが速くならないかなと(例 昨秋の天皇賞等)。かといって、スローも考えにくいので、時計的にも1分34秒後半から35秒台前半の決着だと仮定しちゃいます(←独善的)。

つーことで………
◎ フサイチパンドラ
前走は流れの落ち着きやすい中山の1800m戦。折り合いを欠くシーンがあり、「あっ、最後の急坂で止まるかな」と思いながら見てましたが、地力で2着確保するあたりに「強いなぁ、次の阪神のマイルなら頭で狙える」と感嘆。先行集団を見ながら二番手グループでレースを進めながら直線抜け出す戦法なら勝機はカナリあるのではないかなと(←それじゃ予想じゃなくて希望的観測じゃん♪)

○ アルーリングボイス
ここ二戦の敗戦で「一敗地に塗れた」と評価暴落のようですが、「敗戦を糧にして復活」が桜花賞の歴史の一面にあるのではないでしょうか。私の記憶にある中でも、古くはヤマノカサブランカから始まってオグリローマン、ダンスパートナー、ファレノプシス、ロンドンブリッジ、チアズグレイス、マヤノメイビー、、アローキャリーたち…。彼女たちは前走まで1、2番人気の支持を得ながら本番では人気急落(3番人気~13番人気)。そして連対圏に突入。今回のAボイスにも同じ香りを感じます。阪神JFは発表と実際の馬場では大きな隔たりがあったと聞きます。ですので参考外(←都合がイイんだよっ!)。休み明けを叩かれての今回は前進はあっても後退はないでしょう。唯一、気になる鞍上ですが、昨年の桜花賞で見せ場以上の騎乗を見せたデムーロ騎手なら不安はありません。ですので対抗印。

▲ アドマイヤキッス
まとめて負かすならこの馬かなと。成績、前走内容、距離適性、血統、鞍上、厩舎の勢いを考えれば本来なら不動の本命馬でしょう。前走をどう評価するかに印の重さが変わってくるかなと。半年の休み明け、相手強化(GⅠ馬含む)等、不利な状況でも、キッチリ勝って本番に向かうこの馬が一番人気確実かと思いますが、う~ん…臨戦過程を考えると◎には推し辛い…かな???それでも馬券圏内を外すことも考え難い………。よって単穴評価がベストかなと。

つーことで、馬券は◎→○→▲の3連単を本線に3連複、馬単、馬連を買おうかなと。予想オッズはどの位つくのかなぁ、と某予想紙をめくってみると…。驚いた(笑)。本線でい~ち、じゅ~う、ひゃ~く、せ~ん…って、1683.5倍?????????????万が一、いや、億が一(?)、当てたら、年内遊んで暮らそうかなと(←ダメ人間)

まぁ、あくまでもで東○ポの予想オッズですから、ここまでのオッズにはならないと思いますが…(汗)。そーだ、日曜日は久しぶりに秘密の隠れ家に行って来よーっと。つーことで、当日は楽しみです(ナニが?)。

見ててね、オッちゃん。ハズレたら、来年もガンバルよ(←後ろ向き)。

そして、今日のブログとはカンケーない話ですが、このCMって、今まで見たJRAの中で一番お気に入りなんですよ、なんか自分を奮い立たせる、っつーか…いろいろ考えさせられちゃいます。スペシャルサイト公開中です。一見の価値ありですよ。

2006年4月 5日 (水)

刹那の切なさ。

ウチの近所でも先日の風雨で、ソロソロ今年の桜も見納め…。

満開の桜も綺麗ですが、私は散り行く桜が一番好きです。この一週間くらいの咲き誇る姿の集大成。風に乗って舞う花びらの切なく、優美な姿に見惚れちゃいます。引き際の美学…とでも言えば良いのか解りませんが、華やかさの裏側にある、寂しさを禁じえず、心奪われてしまいそうな瞬間…。

私にとって、競馬においても、桜の咲くこの季節が一番お気に入りかも知れません。これから始まる大レースの数々。どんなドラマを見せてくれるのでしょうか(ウチの愛馬たちも自分のレースでガンバレよぉ~)。

そして、桜花賞ウイークを迎えると思い出す方がいます。いえ、「いました」と言ったほうが適切でしょうか。三年前の今頃、同業他社の親子ほども年の離れた方に、「今週の桜花賞は勝つ馬が分かりますよぉ~!あーでもねー、こーでもねー」とイツモの調子で吹聴する私(汗)。そんな若造の戯言に真剣に耳を傾けてくれて、「よし、お兄ちゃんがそんなに自信があるなら、この金預けるから、同じ買い目を買ってくれよ」と最高額紙幣を3枚、私に預け笑うオッちゃん(マジ?)。今更、後には引けませんし、私もそれ以下の金額をベットする訳にもいきません(漢っ!)。カッコいいトコ見せたく◎→○の炎の馬単一点勝負っ!(確か直前オッズで13倍強だった記憶が…)

その当時の私の◎は幸騎手鞍上のスティルインラブ前哨戦は色々といわれたレースでしたが、「本番では同じ負けを繰り返す事無く、必ず巻き返しはあるはず」と思い本命視してました(←正解)。対抗は前走で牡馬相手に着差は僅かでしたが、キッチリと素質の片鱗を見せた超良血馬。今回は初のマイル戦で速い流れに対応出来るのかという思いで、○印まで。レースは思いも掛けない対抗印の出遅れ…。仁川の1マイルでは痛恨のハンデを背負った武豊騎手(シャダイカグラの例もありますが…)。それとは好対照に、流れに乗って先頭集団の一角で4コーナーを廻る幸騎手。そして、離れた後方集団から距離損を覚悟で大外から追い込む武豊騎手。

私の脳裏には「やったっ!」という喜びよりも「なんとか面目を保てたぁ~」という安堵感が沸々と…(←フライング)。その瞬間、目を疑うような光景が……………。

「C伊豆闘将」ってナンですか?????

orz(オワタ…)

その日、肩を落としながら馬券(勿論、ハズレ…)を渡しに行った私に、「惜しかったなぁ~、でも楽しませてもらったよ」と笑いながら言ってくれたオッちゃん。そして「じゃあ、今度は俺の得意な競輪に行くべ」と誘惑の一言(汗)。その後、約束どおり平塚市の財政に寄与してきました(涙)。

そして、またオッちゃんに何度か会うウチに、私の妄想癖が「次は当てますよぉ~」とのたまってます(←ヤメレっ!)。「頼むぞぉー、次こそは(笑)」と言ってくれたオッちゃん…。

でも…、約束を守ることを待ってくれてたオッちゃんの姿、声は、もう、無い……………。

でも、見てて下さいね。果たせなかった約束、今年の桜花賞で倍返ししますよ。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

My愛馬たち

愛馬たちの御仲間
おすすめブログ&おすすめホームページ