無料ブログはココログ

« 空前。 | トップページ | それが一番大事。 »

2010年4月17日 (土)

短評。

さて、私の期待も乗せて出走したラストノート。本日更新。以下、転載。

「4月17日(土)中山・山藤賞(芝2000m)に横山典弘騎手56kgで出走、馬体重は4kg減の480kgで、1番人気に推されていました。ゲートで待たされてしまい、立ち上がってしまったところでスタートが切られてしまいました。大きく出遅れましたが、1コーナー前で集団に追いつきました。向こう正面で少しずつ差を詰めていき、前を見る位置まで上がって直線に入りました。大外から良く伸びてきていましたが、さすがに交わすまでは至らず6着に敗れています。勝ち馬からは0.2秒差でした。レース後、横山典弘騎手、鈴木康弘調教師ともに「立ち上がるような仕草があって我慢していたが、その後に大きく立ち上がったところでスタートを切られてしまった。こちらが悪いところもあったが、少頭数の内枠でしたし、スタートを切るのは馬が落ち着くのを待って欲しかった」と納得がいかない表情でした。また今後の方針について鈴木康弘調教師は「装鞍所でひと暴れしてしまったので、厩舎装鞍しました。続けて使って精神面の昂ぶりがあります。調教で教え込んでいく方法もありますが、先のある馬ですので大事に使っていきたいです。3回東京開催での出走を目標に、ひとまずガス抜きしてあげましょう」と話しています。週明けにリフレッシュ放牧に出す予定です。」

とのこと。何はあっても負けは負け。受け入れて消化。って、少し期間を空けそうですね。張り詰めすぎてる感があるので(素人目ですが・汗)、長めの放牧でしょうか。目標レースは設定せず、気性の成長を促し、次走こそは!←んんっ?ちょっと涙目?←放っとけって。

« 空前。 | トップページ | それが一番大事。 »

'07年産 ラストノート
(ダイナフェアリーの07)
」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 空前。 | トップページ | それが一番大事。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

My愛馬たち

愛馬たちの御仲間
おすすめブログ&おすすめホームページ