無料ブログはココログ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

必要不可欠。

今週末のラジオNIKKEI賞には登録さえせず、函館一本に絞ってるラストノート。本日更新。以下、転載。

「来週7月11日(日)函館・北海ハンデキャップ(芝2600m・ハンデ)に横山典弘騎手で出走を予定しています。きょう(水)速めを追いました。来週の(木)に函館競馬場に移動を予定しています。早めに函館競馬場に移動させる選択肢もありますが、美浦TCの坂路とプールでの調整が不可欠なタイプですので、レース直前の輸送を決めました。」

陣営の本気度合いを感じるレポートです。←それもアナタの主観です。

調教タイムの記載もありましたが、一週前としてはイイ感じです。このまま無事にレースを迎えられることを切に祈りながら…。←航空券押さえちゃったもんね。←それはそれとして。

2010年6月26日 (土)

サラサラした雪の09。

今日は本年度募集馬の一次募集の応募締切りでした。といっても水曜日に投函してるので、先ずは結果的に悪くとも、二次募集の先行受付の権利Get♪←そうじゃない。

ネガティヴな考えはおいといて、今年の応募内容なんぞを。去年はちょっと冒険して2頭希望で出しましたが(結果は2頭目Getならず…)、今年は例年のペースに戻って「1頭希望」です。

第1希望 募集№23 アスピリンスノーの09(父ハーツクライ) メス 黒鹿毛 2月8日生 生産・社台ファーム 

第2希望 募集№155 ナスカの09(父キングカメハメハ) メス 栗毛 5月17日生 生産・ノーザンファーム

って、能書きや講釈を書くのは私には似合いませんので、割愛。って、先ず、私の失敗は最終の中間発表での人気順の中での見落とし…(痛恨)。

早合点な私は最終発表時の1位で満口警報の欄の中で「あれっ?ナスカの09がいない…。二位まで満口警報で50通?うーん、2位で取りたいのね、みんな。私も一緒♪」と思い、2位で書いて提出後、余裕の表情でもう一度、クラブのホームページを見ると…。「あれっ?ナスカの09、1位での応募数が22通ある…。これじゃ、ダメじゃん…(涙)。」

と、いうことで、実質1位のみの応募となりました(ドキドキ)。

カタログ、DVD、そしてツアーで実馬を見た中で一次募集の第1希望候補は最終的に3頭にまで絞り、後はいろいろと考えて…。←どーせ、価格と人気の動向でしょ。←当たり!

他の1位候補は募集№56のデアリングダンジグの09(父ダイワメジャー)№46のインコグニートの09(父アグネスタキオン)でした。前者はツアーで見た中ではピカイチ!と思える良い馬でした。←アンタの主観でしょ。

ただ、デアリングダンジグの仔は人気高騰と予算上限をチト(いや、カナリ)超えてるので、オミット…(残念)。そして、最終的にインコグニートの09とアスピリンスノーの09になりました。

追分Fで見た中では、インコグニートの09が一番馬です。←アンタの主観でしょ。

最終的に二頭に絞った私の中では同格であり、ここからが結論が出ずに悩み、いいファクターはインコグニートの仔のほうが多い感じも正直に言ってありますが、未知の魅力に賭けて、アスピリンスノーの09に決定しました。

イマイチ、この血統と厩舎の縁が分かりませんが、なぁーに、走るのは馬自身、厩舎の大黒柱になるくらいの気概がなけりゃ、1位に書きません。←悲壮感?

おそらく1位で満口になるか、ならないかのギリギリのラインでしょう。って、落ちた時の事も考えてDVDとカタログの反復を。

結果通知書は7月の第1月曜に来るのが通例ですよね。それまでは運を天に任せて…。

2010年6月25日 (金)

決断期限は今日。

といっても本年度募集馬の応募の件では無く。

一昨日、更新があったラストノート。北海道転戦が明確になったので、水曜の時点で行く、行かないは別として、航空券をとりあえず予約。その羽田⇔函館の航空券の購入期限が今日なんです…。まだ予約を伸ばす(取り直す)事が出来るかな?と思ったら、今日の時点で、これからはキャンセル待ちになってしまう事が判明…(早)。手元の予約を手放したら、キャンセル待ち最後尾になるので、今日、決めるしかなく…。←後ろ向きなんだか、前向きなんだか…。

うーん、特典航空券は空きそうもないし、「ええぃっ!ラストノートから貰ったマイルはラストノートに返す!」と一念発起だか、破れかぶれだか分からない、マイルの使い方をして、格安で行けそうです。

といっても通常の往復特典航空券よりもカナリ多く使いましたが(汗)。

可能性としては北海ハンデキャップを使わない、という事も考えられますが、一蓮托生、背水の陣(んんっ?)。初めてラストノートのレースを生で見れそうです!←予定では、ね。

うーーーん、今からムッチャ楽しみ♪

そんな中、やっと、ついに、同じく頭に「ラ行」のラタンバスケットが乗り運動再開!

長かったぁ………。本日更新。以下、転載。

「この中間は獣医師の許可が出たことから、騎乗を再開しており常歩(なみあし)運動で乗っています。現在は約1時間程度の騎乗運動を行っていますが、運動後は脚元の状態も安定しています。これから徐々にダク、キャンターへと進めていけそうです。現在の馬体重は498kgと徐々に筋肉も戻ってきている印象です。」

うん、先日の牧場見学ツアーでは聞いてましたが、活字になってくると、より一層の現実感が(安心)。これからの道程もマダ長いですが、一里塚は越えました。同期の仲間たちは遥か前方に行きましたが、なぁーに、こっちは余力十分(えっ?)。少しでも距離を縮めて欲しいなぁーーー。←相変わらず奥歯にモノが挟まったような…。

2010年6月23日 (水)

投函と渡函。

毎年、同じコト言ってますが、本年度募集馬の応募は今日が締め切り。

自分が選んだ競走馬が、どんなストーリーを紡いでくれるのか、今から楽しみです。←すでに新愛馬が決まったつもりでいる。←たぶんギリギリで満口だろうから、大丈夫。←甘い。

締切日の土曜に今年の応募した馬、発表します、って、誰も私の愛馬なんて…、って考えもありますが、まっ、それはそれ。

そんな1歳馬たちのコトで頭イッパイの中、2年前は1歳馬(んんっ?)のラストノート、本日更新。以下、転載。

「この中間も変わりありません。福島・ラジオNIKKEI賞も検討しましたが、函館戦に向かうことにしました。7月11日(日)函館・北海ハンデキャップ(芝2600m・ハンデ)に横山典弘騎手で出走を予定しています。レースの週の(水)に追い切って、その翌日(木)に移動するプランで調整していくことにします。」

やった(嬉)。後出しジャンケン的な意見かもしれませんが、ココの方が良いように感じてました。もちろん複数の要因があります。

・距離延長で結果を出せた前走を活かす為、距離短縮を避ける。
・秋の大目標のステップとして古馬にもまれる。
・スタミナが必要とされる洋芝の函館、札幌は、この馬に合う気が。
・絶好調の乗り慣れた鞍上を確保出来そうな事。

まだまだありますが、パッ!と思い付いただけでも、推す理由が。

まっ、マイナス要因は現地応援するには遠い事。←この際、アンタの事はどーでもイイの。

そうですね、馬最優先主義に私にとって、後は今あるマイルを如何に駆使して、出費を抑えて函館に行けるかを考えねば…。←大変そうだなぁー。←それも楽しみだと思えば…。

うーん、今はただ、次走に向けて、怪我なく、無事に、順調に!

2010年6月18日 (金)

上位進出。

ラストノートの次走の事で頭がイッパイですが、今年の募集馬応募の締切が刻一刻と近づいてきてます。

今年は親切にもクラブサイドでは細かな応募数と共に、2位で満口になりそうな募集馬も発表してくれてます。私の検討してる馬、現在5頭ほどいるんですが、そのうち、3頭が第1希望で満口になりそうです…。って、これから人気の動向なんて、いくらでも変化するんでしょうが。

しかも、残りの2頭のうち、1頭も2位までで満口予報…。これって、順位付けを間違えると第1次募集の応募結果は全滅のおそれあり…。

うーん、難しい…。←毎年々々、同じ事をいってるような気が。

実際問題、今年も例年どおりほぼ同じ価格帯に欲しい馬がいるんですが、これって考えれば考えるほど、クラブの思惑が見えてきます(苦笑)。←性悪。

実績平均値より高い馬にいくと弾かれそうだし、平均値より低い馬にいくと来年の実績が下がってしまうし…。素直に、ホントに欲しい馬を第1希望で書く事が大前提なんですが、実績ラインを下げたくないという(←アンタの実績なんて…)、本末転倒な考えもあり、カタログ、DVDと同じくらい、人気順が気になる不純な私です…。←何を今さら。

2010年6月16日 (水)

判で捺したような。

出走後の翌水曜の更新が大事です、ラストノート。本日更新。以下、転載。

「レース後変わりありません。今日(水)までプール調整、明日(木)から馬場入りを再開します。次走については、7月4日(日)福島・ラジオNIKKEI賞(G3・芝1800m・ハンデ)、もしくは翌週7月11日(日)函館・北海ハンデキャップ(芝2600m・ハンデ)が候補にあがっており、今後の状態を見ながら慎重に判断します。」

出走後のレポートにあったラジオNIKKEI賞、これだと間隔が中二週です。脚元や体調に不安が無いようなので、中二週のレースを視野に入れてるんでしょうね。デビュー戦が中山2000mだったので、コースや距離もイイのかもしれませんが、せっかく、距離延長でも勝てたし、しかも、春先の教訓から、もう少し空けて欲しいなぁ、と内心思ってたら、思い描いてた北海ハンデキャップ!

うーん、個人的感想を述べるのであれば、こっちがイイような(願)。

って、早速、JALのHPより特典航空券で羽田⇔函館を調べたら、案の定、復路が無い(苦笑)。しょーが無ぇーなぁー(貧)、と思い実費での航空券を調べたら空席は在るモノの、ムチャ高い(涙)。特便も設定が無いし、先得は既に予約期間を過ぎてるし…。←JALにこだわる必要もない。

そして、クラブの公式サイトでは本年度募集馬の応募状況が、昨年までのそれよりもカナリ詳細。応募数が分かるようになりましたが、頭を悩ます日々は続きます…。

2010年6月14日 (月)

ずっと見守ってるよ。

先日、2勝目を飾ってくれたラストノート。土曜日に更新済。以下、転載。

「6月12日(土)東京・くちなし賞(芝2400m)に横山典弘騎手56kgで出走、馬体重は2㎏増の482kgでした。まずまずのスタートを切り、やや掛かり気味に好位を追走。しかし2コーナーを回りきって2番手につけたあたりからは折り合いもスムーズでした。直線に入ってからはギリギリまで追い出しを我慢し、楽に逃げていた馬をハナ差だけ差し切ったところが嬉しい2勝目のゴールでした。勝ち時計は良馬場で2分26秒5でした。殊勲の横山典弘騎手は「直線でフラフラしなければもっと楽に交わしていました。でもこんなところがステイゴールド産駒ですよね。まだ粗削りで素質だけで走っている状況ですから、お父さんと同じように、その成長曲線をゆっくりと見守ってあげてください」としんみりと語ってくれました。また鈴木康弘調教師は「少し間をあけて、ゲート練習にも時間をかけられましたし、そのぶん馬もフレッシュだったようです」と別角度からの勝因をつけ加えてくれています。ラジオNIKKEI賞への参戦も視野に入るタイミングですが、「このあとの様子をみて」と鈴木調教師は明言を避けられました。」

好結果を出してくれたにもかかわらず、逸る気持ちの私を宥めるかのような横山典騎手の言葉が胸に染みます…。

デビュー戦の内容から春はどうしても期待してしまう部分が、陣営、クラブ、そして出資者にあったでしょう。それを現すように中3週、中2週と連戦しましたが、好結果どころか、返って悪循環で、遂に3戦目には今で言う「キレた」状態…。押せ押せで詰めたローテーションの結果のような感を受けました。

今は府中の2400mを走った疲労を回復し、焦る事無く、夏を順調に過ごし、秋に飛躍を!←だから、それが「逸る気持ち」なんだって。

それにしても、社台/サンデー所属の愛馬が2勝目を挙げてくれたのは初めての事なので嬉しいなぁ………(しんみり)。

2010年6月13日 (日)

今、見た。

先ほど、無事に募集馬見学ツアーから戻りました。2日間とも晴天の下、暑い位でしたが、楽しく面白いツアーでした。御世話になった皆さん、有難うございました。

と、ホッ!と一息ついて録画してあるはずと思い、ラストノートの4戦目を見ようとしたら。録画出来てない………(嘆)。

JRA-VANのレーシングビュアーで見ました。うーん、勝ってる!嬉しいなぁーーーーー。まだまだ書きたい事はヤマほどあるんですが、今日のところはココまで…(疲)。

そして、沢山の御祝いコール&御祝いメール、ありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます!←借りるも何もあんたのブログだし。←細かい事に反応しなくて良し。

2010年6月11日 (金)

いよいよ明日。

ツアー前日、そして愛馬出走前日。残念ながら重なってしまったので、社台Fからの応援となりました。

東京9R くちなし賞 サラ3歳500万下 芝2400m

◎ ラストノート

後入れの偶数枠を引けた事も、この馬にとってはプラス作用。あとは秋への飛躍のため、好結果を!

では、募集馬見学ツアーに行ってきます!←明日だろ。

2010年6月10日 (木)

フルゲート満たず

出走確定しましたラストノート。本日更新。以下、転載。

「今週6月12日(土)東京・くちなし賞(芝2400m)に横山典弘騎手56kgで出走が確定しています。同レースは16頭立てとなりました。きのう(水)ポリトラックで追い切りました。元気いっぱいで状態は良好です。」

あらま、昨日の想定より減ってます。って、その減った中に最有力視されてた(世間一般で)シャガールが。まっ、ウチのは相手云々より自分との戦い。

天候も良さそうなので良馬場の中、好レースを期待してます。←随分と奥歯にモノが挟まった言い方ですね。

2010年6月 9日 (水)

夢いっぱい。

楽しみな週末が近付いて来て眠れぬ毎日。いや、グッスリ眠れてますが。

昨夜は時計の針も右に傾きそうになりそうな中、見てもよく分かりませんが(素人)、カタログ、DVDを何度も見て、分かった気になってる私。今週末のツアーで最終チェックです。と、その前にラストノート、本日更新。以下、転載。

「今週6月12日(土)東京・くちなし賞(芝2400m)に横山典弘騎手56kgで出走を予定しています。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて18頭ちょうどの出走表明となっています。きょう(水)ポリトラックで追い切りました。元気いっぱいで状態は良好です。」

お手馬が何頭も登録してますが、今期も絶好調の横山典騎手が乗ってくれるようです(嬉)。後は相手関係云々の前に自分との戦い、期するのは最良の結果だけ!を社台Fから願ってます(TV見れるかな?)。

これからDVD見なきゃいけないので、今日はここまで。←見ても分からないDVDを、ですか。←分かった気になりたいの!

2010年6月 8日 (火)

ゲートイン。

今日、社台&サンデーT/Cの「本年度募集馬カタログ」を宅配便の方が配送にきてくれたました。既にメンバーズオンリーでは公開され、見てはいましたが、やっぱりカタログで見ると、募集開始の時期を感じますよね。

あれとこれとそれと…以下、3回繰り返し…。ということで目に留まる(頭にイッパイ)馬たち計9頭ほど…。あとはツアーで増えたり減ったり、そして帰ってきて人気の動向等を加味しつつ、応募順位付け…。

うーん、今が一番楽しいかも♪←それはそれで何か違うだろ。

2010年6月 7日 (月)

土曜の馬の日。

先ほどクラブ公式サイトを見ると、今年の募集馬の測尺が。まっ、目安として。

って、こう少しずつ応募が近付いてる時期を感じる今日この頃。今週末はツアーです。久し振りの愛馬たち、成長&リハビリ進んでるかなぁー。

と、唯一の在厩中、ラストノート、本日更新。以下、転載。

「今週6月12日(土)東京・くちなし賞(芝2400m)に登録しました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて23頭の登録があります。」

うん、予定どーりです。って、フルゲート18頭なんだから、除外の可能性もあり(焦)。久し振りに競馬ブックを購入し、登録馬を見てみると、サイレントメロディ、シャガール、そしてヤングアットハートが注目されてます。サイレントハピネスの子、スカーレットブーケの子、ニフティニースの孫…、うーん、社台ファームでレースを聞くにはピッタリのメンバー構成。

って、ダイナフェアリーの子も忘れちゃいけません。←その子は白老生まれだから。

2010年6月 4日 (金)

時を同じくして。

さて、やっと、ついに、とうとう(←シツコイ)本年度募集馬の写真&厩舎が発表される今日、楽しみです(待望)。っと、その前に2歳馬の定期更新です。ブライトメッセージ、本日更新。以下、転載。

「この中間も、周回コースで普通キャンター1800mを乗った後、坂路コース(800m)ハロン16~17秒ペースで1本上がっています。今のペースにも慣れて、首の使い方がとても上手くなりました。また、前脚の捌きがしっかりとしてきたことに伴って、肩まわりの筋肉がふた回りほど太くなり、走りにも馬体面にも成長が感じられます。今後もじっくり乗り込み鍛えていきます。現在の馬体重は462kgです。」

うんうん、イイ感じです。って、前回の更新内容と酷似してますが、ペースアップを急いでない証し。焦る事を無く自分のペースに合わせていって欲しいと。

そんな今日、旧知の馬仲間と久し振りの一杯。明日の東京競馬場での愛馬応援の為、来られるようです。最良の結果を期待しながら(乾杯)。

追記 ブライトメッセージの写真とラストノートのそれが今日、更新されました(嬉)。もう1頭のラタンバスケットは1月3日からありません…(背景雪景色…)。

2010年6月 3日 (木)

幸先良し。

今日、宅配便の方が持ってきたくれた一つの荷物。「社台サラブレッドクラブ」からでした。えっ?カタログにしては早いしなぁー、軽いしなんだろ?思いつつ開封………。

P1000471

嬉しいなぁー♪ありがとうございました(感謝)。

2010年6月 2日 (水)

一週前。

一歩一歩、着実に歩を進めたいラストノート。本日更新。以下、転載。

「この中間も順調にきています。来週6月12日(土)東京・くちなし賞(芝2400m)を予定しています。きょう(水)ウッドで速めを追いました。先週、ゲート練習を行いましたが、特に問題はありませんでした。またレースまでの間に何回か練習を重ねておきます。」

  年月日   騎乗者   場所    コース  馬場    

2010/06/02     助手   美南      W   良 

  時計           位置       脚色

67.9 -52.8 -38.6 -12.6    9      直一杯追う

シュウザンアイ(古1000万)一杯の外を1.1秒追走0.8秒先着

うん、イイ感じできてます。連戦でテンションが上がったのは、もう大丈夫かな?一週前の調教としてはタイム&内容ともに及第点ともいえそうです。うーん、当日が楽しみ、楽しみ。←それって、レース?それともツアー?←もちろん両方!

今回の結果如何で、今年の応募の方向性などが変わる訳もありませんが、弾みの付く好結果を期待しちゃいます♪←なんか俗っぽいなぁー。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

My愛馬たち

愛馬たちの御仲間
おすすめブログ&おすすめホームページ