無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

総括。

今年も残すところ後3時間ほど。手短に総括を。

1位 ラストノート、新馬勝ち飾る。
2位 ラストノート、くちなし賞優勝。
3位 ラタンバスケット、復帰す。
4位 ブライトメッセージ、応募馬名採用される。
5位 アスピリンスノーの09、愛馬になる。
6位 函館競馬場においてラストノート現地観戦する(大敗…)。
7位 東京競馬場においてラストノート現地観戦する(惨敗…)。
8位 牧場見学ツアー時の追分F近くの菜の花畑の美しさ。
9位 My愛馬たち史上、初の同着を経験する。
10位 久し振りの牧場見学@募集馬見学ツアー。

うーん、こう思い返すと良いことも悲しい事もありましたが、すべて楽しい思い出。来年もいい年になりますように、先ずは私とMy愛馬たちにとって。←最後の最後まで自己中だな。

2010年12月27日 (月)

時間掛けても。

今年最後の愛馬の更新かな?ラストノート、本日更新。以下、転載。

「山元TC到着後はウォーキングマシンでの運動2時間のみにとどめています。山元TC到着時より煩くなっており、精神面でのリフレッシュが必要と思われます。しばらくマシン運動のみで様子を見ていきます。現在の馬体重は487kgです。」

うん、心身ともにオーバーホールです。ちょっと時間が掛かりそうですが、待つ事には慣れっこな私ですから、ここは時間を掛けて。

2010年12月23日 (木)

明日は。

突発的更新はチョット心構えが必要ですね。ラタンバスケット、本日更新。以下、転載。

「山元TCで順調に調整されており、あす12月24日(金)の美浦TC帰厩が決定しています。」

吉報でした(ホッ)。って、この時期に帰っくるって、年明けの中山を目指すのかなぁ。まっ、厩舎での調整もありますから、東京開催かな?

2010年12月22日 (水)

消えた文言。

ゲート試験も、もうすぐブライトメッセージ。本日更新。以下、転載。

「この中間はゲート練習中心の調教を行っています。いまのところ特に問題はなさそうですので、このまま進めていってゲート試験合格を目指します。」

トレセンにも慣れたでしょうか。JRA-VANで見ると脚慣らし程度ですが、坂路で乗られてるようです。クセも無さそうなので、来週中にはゲート試験かな?また、「まずは」も無くなったので、良い解釈をすればこのままデビューを迎えられるかなと。

って、ことで順調に行けば、1月下旬から2月上旬のデビューと予想。あーっ、今から楽しみだなぁー。←気が早い。

2010年12月16日 (木)

しっかりと。

昨日更新済のラストノート。以下、転載。

「レース後も脚元や馬体に変わりはありません。精神面のリセットを図るため、きょう(水)山元TCに放牧しました。次走目標は定めず、しっかりと立て直したいと考えています。」

そうですね、大敗は精神面による部分が大きいのでしょう。ココまできたら中途半端に復帰させず、時間を掛けて復調するのを待ちたいです。

2010年12月15日 (水)

明日から。

入厩まで少々、時間が掛かった感があるブライトメッセージ。本日更新。以下、転載。

「入厩後の状態に変わりなく、普通キャンターでの調整をおこなっており、飼い葉もしっかりと食べていました。12/16(木)からゲート練習が始められるようで、まずはゲート試験合格を目指していきます。」

飼い食いも良好のようで、栗東の環境にも慣れたんでしょうか。順調のようで一安心。

まずはゲート試験(←これレポ4回連続)、牝馬ゆえテンションが上がらなければ、そのままデビューに向けていけるかな?うーん、今から楽しみ。

2010年12月13日 (月)

鬼に笑われそうですが。

態勢を整えて年明けの出走を目指しているラタンバスケット。本日更新。以下、転載。

「この中間から乗り出しています。直線坂路でハロン16秒を2本、週2回はハロン15秒に強めており、良い動きで坂を駆け上がっています。左前脚の状態は変わりなく落ち着いており、この調子で次走に進めていきます。次走については、出走間隔による出走状況をみながら決めることにします。現在の馬体重は492kgです。」

年明けの中山開催は500万下のレースも増えますから、少しは出走しやすくなるんでしょうか。って、おそらく次走は芝、ただ年初は芝のレース自体が少ないので微妙なとこでしょうか。それならば出走しやすくなる3場開催になるまで待って、って案でもイイのですが。

まっ、無理矢理にダートを使う事はないでしょうから、間隔を空けるのも吉ですね。

2010年12月11日 (土)

「持ってる」のは斉藤祐樹投手。

年内最後になるであろう愛馬のレースが終わりました。ラストノート、本日更新。以下、転載。

「12月11日(土)中山・芝2000m戦に横山典弘騎手56kgで出走、馬体重は前走から増減なしの480kgでした。スタート直前にゲート内でバタバタしてしまいましたが、何とか姿勢を戻したところでゲートが切られました。気合いをつけて先行し3番手で1コーナーを通過、そこから2番手に上がっていきました。先頭の馬から2馬身くらい後ろを追走し、4コーナーでスーッと上がっていきました。持ったままで直線に入りましたが早々に脚色が鈍ってしまい、最後は無理せず流して入線しています。勝ち馬からは1.9秒差の10着でした。レース後、横山典弘騎手は「ゲートで立ち上がりかけましたが最小限にすみましたし、上手く番手につけることもできました。この馬にとって持ってこないのレースだったのですが、右の方のフットワークが乱れた感触があったため最後は無理に追いませんでした。上がりは問題なかったですし、大丈夫だと思います。それにしても止まりすぎた感じで、もう少し脚を使えても良さそうなのに、2走ボケなのか気持ちの問題なのかよく分りません」と話していました。また鈴木康弘調教師は「雰囲気が良くないようなので、少し間隔をとりましょう。放牧してしっかりと立て直したいと思います」と話していました。」(原文のまま)

「持ってこない」…。はて?何を持ってこないのか?←性悪。

まっ、ツマラナイ揚げ足は置いといて、今回のは流石に凹む内容でした…。

懸念されたスタートも、なんとか無事に出て、レースの流れには乗れてたような感もあり、3~4コーナーではイイ手応えにも見えました。しかし、直線に向くとアラアラ………。

鞍上が左後を気にする素振りを見せたので、脚元に故障発症かと心配しましたが、クラブのレポを見ると、異常は無かったようで一安心。

って、ことで今回のレースでは完全な負けです。

って、ことでオヤスミです…。ZZZzzz…。

2010年12月10日 (金)

特別じゃないよ。

さて、明日に迫ってきたラストノートの休養明け2戦目。1000万に昇級してからと掲示板に載る事さえ出来ず、ちょっと歯痒い近走で、今回はカナリ人気を落とすだろうと。それって、馬券的には美味しい感じです(強欲)。

相手云々は見てないので何とも言えませんが、先ずは己との戦いです!

その為には、ゲートが余り上手くないラストノート、真ん中の偶数枠を引いてくれないかなぁー、と思いきや、なんと最内枠の奇数番……………。以前、中山の2000mで同じ枠に入ったことがありましたが、他馬のゲート入りを待てない仕草で、イライラを募らせた感じの大出遅れの記憶が甦ります……………。

まっ、それはさて置き、今回の出走レースは…。

中山12R 3歳以上1000万下 芝2000m

◎ ラストノート

って、いつも自分の愛馬が出走するときは「◎」しか打たない、って感じですが。

まっ、気持ちだけでもと思いいつも◎です。さっ、競馬新聞を買いに行こっと。

2010年12月 9日 (木)

確定と入厩。

昨日の更新の内容どおり、ラストノートの出馬確定&ブライトメッセージ入厩。本日更新。以下、転載。

まずはラストノートから。

「今週12月11日(土)中山・芝2000m戦に横山典弘騎手56kgで出走が確定しています。同レースは11頭立てになりました。前向きすぎる面が残っていますが、デビューから手綱を取ってきた横山典弘騎手に替わるのは心強いかぎりです。本馬らしい走りから、このクラスをすんなり通過してもらいたいところです。」

そうですね、主戦に戻った事だし、ここは。といっても相手のあること。先ずはゲートを上手く出て…。

そして、もう一つ。このレース、昨年も同じ開催日(5回中山3日目)の最終レースに同じ条件で組まれてました。そこにはラストノートの兄であるアーリンダルが断然の支持を受け、出走しました。最後の直線でゴチャついたこともあって、結果は残念なものとなってしまいました。そしてレース後、脚部に不安が出て、未来を嘱望されながらも無念の登録抹消…。

私の愛馬の兄、ということで注目してましたが、アーリンダルに関しては門外漢の私が述べるのもおこがましいですが、ホントに残念でした。

その無念を、というのは余りにも自分に都合よく捉える言葉になってしまうので、控えますが、ラストノート自身はそんな人間の事情を知る由さえ無いので、自身の持てる力を存分に発揮してくれれば、と思います。

あとは横山典騎手に全権委任です。前回の関東の若手とは違う面を見せて欲しい…。

そしてブライトメッセージ。

「12/9(木)の栗東TC・友道康夫厩舎へ入厩しました。トレセンの環境に慣らしながら、まずはゲート試験試験合格を目指し進めていきます。」(原文のまま)

「まずはゲート試験」云々が3回連続レポに書かれてます(苦笑)。そこまで予防線を張らなくてもイイのに。←性悪。しかも校正をしてるのか分かりませんが「試験試験」と。←これまた性悪。

まっ、まずは脚慣らしとゲート試験でしょう。そして年内にNFしがらきに放牧→1月中旬~下旬に帰厩→2月中旬~下旬の京都開催でデビューと読んでますが、さて。

って、私の予想を覆して放牧に出る事無く、このまま順調にいって欲しいのが一番ですが。

2010年12月 8日 (水)

明日は確定。

さて、本年最後になるであろう愛馬の出走が近付いてきたラストノート、と思いきや、ブライトメッセージも入厩近し!2頭、本日更新。以下、転載。

まずはラストノート。

「今週12月11日(土)中山・芝2000m戦に横山典弘騎手56kgで出走を予定しています。同レースはフルゲート18頭のところ、現時点で本馬を含めて9頭の出走表明にとどまっています。前走以上の状態といえますが、調教から掛かり気味で前向き過ぎる面が残っています。そのため、今日(水)の追い切りは単走で行いました。」

調教タイムも記載されて機運も高まってきました、とよく見てみるとあまりパッとしない調教時計………。単走とはいえ、こんな感じでイイのでしょうか。って、ラストノートは調教と結果が直結してませんから、イイのかもしれません。また、今のところ、相手は8頭ということですが、想定メンバーが分からない今、明日の確定を待つしかなく…。

まっ、どんな相手であっても、先ずは自己との戦いを克服して………。

そして、待望のブライトメッセージ。

「この中間も順調に調教を消化していることから、明日12/9(木)の栗東TC入厩が決まりました。まずはゲート試験合格を目指していきます。」

ほっ(一安心)。コメントのニュアンスからするとゲート試験後は放牧もありでしょうか。まっ、限られた馬房の都合もあるでしょうから、先ずはゲート合格を。

とにかく明日の夕方が楽しみです。

2010年12月 5日 (日)

帰りは信濃町。

久し振りに国立競技場に行ってきました。晴天の下、目一杯の応援をしてきましたが、負けてしまいました………。しかしココまで差がつくとは思いませんでしたが、これも実力でしょうか。早稲田にはホントに勝てない…。

こうなったら大学選手権で雪辱を。

千駄ヶ谷に。

今日は以前から計画してたラグビー観戦の日。

文字どおり、久し振りの決勝戦です。勝てば文句なしの優勝。

父と一緒に紫紺のジャージを応援しに国立のバックスタンドに行ってきます。

って、ラグビーのノーサイドと競馬のメインレースって大体、同じ時間帯なんだよなぁ…。←少しは競馬から離れなさいって。

2010年12月 4日 (土)

応募する馬名も考えないと。

月1回の更新が楽しみなアスピリンスノーの09、昨日更新済。以下、転載。

「この中間、騎乗調教を再開しています。段々と負荷を上げてきて、現在は周回コースで常歩3000m、ダク1200m、軽めキャンター1200mのあと、直線ダートコースでハロン18秒のキャンターを1本乗っています。軽快な脚捌きで駆け上がってきており、高いスピード能力を感じます。乗り重ねるにつれて、段々と動きがしっかりしてきています。あとは馬力強化が当面の課題です。現在の馬体重は480kgです。」

順調に進められてます。調教ペースもこの時期にしては早いほうではないでしょうか。また評価もイイ感じ。少しずつ歩を進めるが如く、調教を積み重ねていくんですが、頓挫なく、鞍上と上手くコンタクトを取って、競走馬の階段を一歩一歩、上がって行って欲しい今日この頃。

2010年12月 3日 (金)

栗東も目前。

首を長くして待ってるブライトメッセージ、本日更新。以下、転載。

「周回コースと坂路コースで順調にメニューを消化できています。友道調教師が来場して状態を確認し、来週の栗東TC入厩を示唆していました。まずはゲート試験合格が目標で、そのときの状態でそのままデビューまで進めるか判断する予定です。現在の馬体重は490kgです。」

やっとだ…。一旦、入厩してゲート試験受けて、様子見て、って感じでしょうか。アクシデントも無く、順調に乗り込んできてますから、この先も順調に進められればイイなぁ…。

早くとも、入厩後、1ヶ月チョットでデビューが通例でしょうか。

私、02年産から数えて7世代目の8頭目の愛馬ですが、今年も2歳デビューはなくなりました…。まっ、1月デビューでも間に合うし、ましてや、2月デビューでも微かに間に合う望みはありますから。←何に?

ということで、2歳デビューを期待してる「アスピリンスノーの09」も更新がありましたが、それは明日に。

2010年12月 2日 (木)

一度ある事は二度ある。

在厩馬は木曜にも近況を知らせてくれるキメ細やかさがイイですね。ラストノート、本日更新、というよりも加筆あり。以下、転載。

「来週12月11日(土)中山・芝2000mに横山典弘騎手で出走を予定しています。先週(木)美浦帰厩後も順調です。先週末(土)はポリトラックで5F66秒4をマークしており、きのう(水)もポリトラックで併せ馬にて速めを追いました。相変わらずといった感じの好時計をマークしており、久々を叩かれた上積みがかなりある印象です。気持ちの面は落ち着いてきており、あとはレースに行って平常心を保っていられるかどうかです。」

そうですか。追い切りを見られた方の感想もあって、ちょっと上昇気配を感じ取れます。って、調教で動いても、結果に結びつかないと悲しいんですが…。って、今から後ろ向きじゃダメですね(汗)。

また、調教時計もupされてますので、それも転載。

12月1日 美浦 南コース 馬場 ポリトラック 騎乗者 調教助手 

馬場状態 良 脚色 馬ナリ余力

時計 63.1 -49.5 -36.6 -12.6 ウエスタンブラボー(古500万)馬ナリの外同入

うん、一週前にしてはイイ感じです。馬場状態もありますから、一概にはいえないと思いますが、もう一週追える、という状態で、脚色馬ナリ、全体時計が63秒台、終い1ハロンが12秒台、及第点ではないでしょうか。終い12秒台でも全体時計が掛かっては意味がありません、って、調教だけでレース結果が左右されるワケではありませんが。

今回のレース、ラストノートは自分自身との戦いですが、もう一つの思いも乗せて走ると思って見守りたいと思います…。それは来週の出馬確定後に。

2010年12月 1日 (水)

平常心が必要です。

来週の出走がおぼろげながら見えてきたラストノート。本日更新。以下、転載。

「来週12月11日(土)中山・芝2000mに横山典弘騎手で出走を予定しています。先週(木)美浦帰厩後も順調です。先週末(土)はポリトラックで5F66秒4をマークしており、今日(水)もポリトラックで併せ馬を行いました。気持ちの面は落ち着いてきており、あとはレースに行って平常心を保っていられるかどうかです。」

当初の予定通り、乗り慣れた鞍上にスイッチ。気性にちょっと難がある愛馬には心強い騎手ですので、全権委任。落ち着いて臨んで欲しいです。来週の確定までは相手云々も見えてきませんが、ここは。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

My愛馬たち

愛馬たちの御仲間
おすすめブログ&おすすめホームページ