無料ブログはココログ

« 特別じゃないよ。 | トップページ | 鬼に笑われそうですが。 »

2010年12月11日 (土)

「持ってる」のは斉藤祐樹投手。

年内最後になるであろう愛馬のレースが終わりました。ラストノート、本日更新。以下、転載。

「12月11日(土)中山・芝2000m戦に横山典弘騎手56kgで出走、馬体重は前走から増減なしの480kgでした。スタート直前にゲート内でバタバタしてしまいましたが、何とか姿勢を戻したところでゲートが切られました。気合いをつけて先行し3番手で1コーナーを通過、そこから2番手に上がっていきました。先頭の馬から2馬身くらい後ろを追走し、4コーナーでスーッと上がっていきました。持ったままで直線に入りましたが早々に脚色が鈍ってしまい、最後は無理せず流して入線しています。勝ち馬からは1.9秒差の10着でした。レース後、横山典弘騎手は「ゲートで立ち上がりかけましたが最小限にすみましたし、上手く番手につけることもできました。この馬にとって持ってこないのレースだったのですが、右の方のフットワークが乱れた感触があったため最後は無理に追いませんでした。上がりは問題なかったですし、大丈夫だと思います。それにしても止まりすぎた感じで、もう少し脚を使えても良さそうなのに、2走ボケなのか気持ちの問題なのかよく分りません」と話していました。また鈴木康弘調教師は「雰囲気が良くないようなので、少し間隔をとりましょう。放牧してしっかりと立て直したいと思います」と話していました。」(原文のまま)

「持ってこない」…。はて?何を持ってこないのか?←性悪。

まっ、ツマラナイ揚げ足は置いといて、今回のは流石に凹む内容でした…。

懸念されたスタートも、なんとか無事に出て、レースの流れには乗れてたような感もあり、3~4コーナーではイイ手応えにも見えました。しかし、直線に向くとアラアラ………。

鞍上が左後を気にする素振りを見せたので、脚元に故障発症かと心配しましたが、クラブのレポを見ると、異常は無かったようで一安心。

って、ことで今回のレースでは完全な負けです。

って、ことでオヤスミです…。ZZZzzz…。

« 特別じゃないよ。 | トップページ | 鬼に笑われそうですが。 »

'07年産 ラストノート
(ダイナフェアリーの07)
」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 特別じゃないよ。 | トップページ | 鬼に笑われそうですが。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

My愛馬たち

愛馬たちの御仲間
おすすめブログ&おすすめホームページ