無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月29日 (土)

またまた、御ジョーダンでしょう。

昨秋から本格化した2つ上の兄が活躍する度に首が長くなっていく今日この頃。いや、私の兄弟の話でなく(兄はいませんが)、ブライトメッセージの事です。昨日更新済。以下、転載。

「角馬場でウォーミングアップを行ってから、周回コースで乗っています。先日兄トーセンジョーダンがAJCC杯を制したように晩成の血統で、この馬も以前と比べて見た目にも良くなっています。これから坂路コースで速めの調教も取り入れて、じっくり育てたいところです。現在の馬体重は476kgです。」

そうですね、圧倒的人気に応え、GⅡを制覇した兄、ついにエヴリウィスパーからも重賞ウイナー誕生です、って、人さまの馬の話はここまで。

あのぉー、「じっくり育て…云々」って、新馬戦が終ってしまう時期になってるんですが…(寂)。まっ、ゲート試験は合格したし、ここで私が焦っても仕方が無いので、成すがままに身を委ねて。

2011年1月28日 (金)

朝令暮貝。

放牧に出たラタンバスケット、山元TCの定期更新日という事もあり、本日更新。以下、転載。

「山元TC移動後はウォーキングマシンでの運動のみにとどめています。到着直後の馬体チェックで、両前脚にソエがありました。現在はショックウェーブとスーパーライザーでケアをしており、ソエはだいぶ良化しています。もうしばらくこのメニューを続けていきます。今後状態が良くなれば、3月6日(日)小倉の芝2000m(牝馬限定)戦を目指すプランもあります。現在の馬体重は483kgです。」

脚元に不安を抱えてる本馬、ソエですか…。寒い時期という事もあるでしょうから、焦らずに、と言ったところで引退のタイムリミットまで後1年ほど。あと何度、競馬場でその姿を見れるのでしょうか。これからは頓挫無く無事に。

そして次走報が。前回の記述では4月の福島での出走をメドにしてましたが、そうですか、3月6日の小倉も視野ですか。って、昨年暮れから、あまりインターバルをおかずに使ってきた小倉競馬場の芝状態はどうなんでしょうか…。しかも、この冬は雨が少なく芝の育成状況もそれほど、という感じをJRAの公式サイトで見ました。何度も書いてしまいますが、脚元の不安を拭えないラタンバスケットにとって、イイ条件とも思えませんが、クラブから信頼の厚い陣営が考慮したプランでしょうから、素人の私見なんて、どうでもイイですね、そうですね。

ここまできたら、暖かくなり馬場のイイであろう福島開催でイイんですが、って、それも素人の戯言ですね。あーっ、んな事を言ってたら素人のブログなんて何も書けなくなってしまいました。←締めの文言か。←いや、今日更新されたブライトメッセージもあるけど、それは明日に。

2011年1月27日 (木)

テンション上げたい今日この頃…。

みーーーんな放牧中ということもあり、ずっとサボってましたが、久し振りに愛馬の近況更新が。ラストノート、本日更新。以下、転載。

「テンションが高くなる日もありますが、だいぶ落ち着いてきました。1月17日(月)から乗り出しており、現在は直線坂路でハロン17秒のキャンターを1本乗っています。様子を見ながら少しずつ乗り進めていきます。現在の馬体重は485kgです。」

そうですか、やっと再始動ですね。今回の立て直しは時間が掛かることは覚悟の上。復帰目標を定めず、暖かくなる頃までオーバーホールが必要かと、素人の私見です…。

2011年1月16日 (日)

しっかりと。

放牧予定のブライトメッセージ。本日更新。以下、転載。

「本日1/15(土)NFしがらきに放牧に出ています。こちらでしっかりと乗り込んでデビューへの態勢を作っていきます。」

これで皆、全て放牧に出ました…。暖かくなり始めのころかな、デビューは。心待ちにしつつ。

2011年1月14日 (金)

在厩なし。

今年こそは足踏みせず、もう一歩も二歩も前に進んで欲しいラストノートと、競走馬としてその姿が早く見たいブライトメッセージの両頭、本日更新。以下、転載。

先ずはラストノート。

「この中間もマシン運動2時間のみにとどめています。テンションは少し落ち着いてきており、リフレッシュ効果が伺えます。来週あたりから乗り出していく予定です。現在の馬体重は491kgです。」

良かった。一ヶ月ほど楽をさせて心身ともにリフレッシュ出来たようですね。時間は問わないので、じっくりとオーバーホールして欲しいところ。目標は定めず、中途半端な状態で復帰する事の無いよう焦らずに(願)。

そしてブライトメッセージ。

「明日1/15(土)にNFしがらきへ放牧に出すことになりました。」

トレセンでスクーリングやゲート練習など、たくさん覚えた事もあるでしょう。また、気持ちも張り詰めてるかと思いますので、放牧もありですね。ゲート試験は受かっておりますので、一旦、リフレッシュを。再び入厩すればデビューも間近でしょう。NFしがらきは1ヶ月くらいの滞在かな?

2011年1月13日 (木)

Priority pass.

デビューはもうチョット先かな、ブライトメッセージ。本日更新。以下、転載。

「ゲート試験合格後も順調にキャンター調整を進めていますが、友道厩舎の馬房の都合もあり、放牧は今週末か、来週1/19(水)になりそうです。牧場でしっかり乗り込んで、デビュー態勢を作っていきます。」

そうですね、態勢が整ってない感じを受けてましたので、外厩でもうチョット乗り込みですね。ノーザンFを中心とした人気厩舎ですから、仕上がってる馬との入れ替えもありますね。また、いわゆる大物馬主さんも多数預けてますので、なかなか馬房を確保するのは難しいようです。って、逆説的に言えば仕上りさえ付けば、デビューも間近、と見ていいのでしょうか。

既にレースの前に戦いが始まってますね。

2011年1月12日 (水)

前走後、体調は変わり無いかが心配なラタンバスケット。本日更新。以下、転載。

「前走レース後は脚元等に変わりありません。本日1月12日(水)山元TCへリフレッシュ放牧に出ました。」

そうですか、了解しました。

また、前回upの中で1回福島競馬開幕を4月23日と書きましたが、4月9日の誤りです。お詫びして訂正いたします。

2011年1月10日 (月)

学習能力。

所要と重なり、現地観戦が出来なかった復帰2戦目のラタンバスケット、本日更新。以下、転載。

「1月10日(月・祝)中山・ダート1800m(牝馬限定戦)に内田博幸騎手55kgで出走、馬体重は前走からマイナス8kgの470kgでした。スタートを決めると、スピードを活かして2番手につけました。逃げ馬に半馬身ほど並びかける形で向正面に入ったものの、3コーナーで早くも騎手の手が動き始めて、4コーナーでは後退してしまいました。そこから巻き返す余力は残っておらず、勝ち馬からは3秒0差の10着に敗れています。レース後、内田博幸騎手は「スッと2番手につけることができたように、いいスピードと前向きな気持ちがありますね。ただ、3コーナーで手応えが怪しくなってしまいました。距離がやや長く、さらにはこの時期の力のいるダートはやや厳しい印象です」と語ってくれました。まや、小島太調教師は「前走よりは良くなっていましたが、ミステリアスライトも長期休養から復帰してしばらくはモタついていたように、本調子を取り戻すにはもう少し時間が必要です。脚元の心配もあったのでダートを使ってきましたが、いったん放牧をはさんで、次は福島の芝レースを目指したいと思います」と話していました。」

モタつく?えっ?

あのぉー、公開調教じゃないんですから…。調教師の前走後のコメントと脚元の不安を鑑みれば、今回は芝を使うと思ってましたが、前走時に分かりきってる事を重ねても…。脚元の不安があるなら、早期に復帰させず、暖かかくなる2回中山後半で万全を期しても、良かったと思うんですが、って、それは素人の私見ですね。

また、既にオープンまで昇格してる他の馬を引き合いに出す事は、現時点において相手に失礼です…。レース勘を取り戻す事と脚元の不安からダートを使ったのでしょうが、今回の一戦は厳しい言い方をすれば無意味。

長期休養明けの復帰2戦目を復帰初戦時の福島より相手の揃う2場開催時に、しかも騎手上がりの調教師からすれば、この時期の中山ダートの状態は把握してるはず。内田騎手のコメント内容は誰よりも分かってるはず。しかも帰厩後約2週間で出走させたにも関わらず、既に師の目は福島開催…。それって、1回東京、2回中山をスッとばして3回中山の5日目と重なる3ヶ月後の1回福島開催初日4月9日)ですか???

馬の個体能力以上のものを発揮させる事は、人間には不可能ですが、馬の状態を把握する能力を持つ事と、その馬に見合った選択をする事は人間に可能だと思ってます。

うーん、レース選択って、私のような門外漢の素人には分からない奥深いものがあるようです。

以前に、この厩舎で御世話になった愛馬によって、こちらの調教師の事は多少学びました。そして、今回のレースでも師について知識が増えました。せっかくですから、それは今後に活かさないと今回「走らせたこと」が意味を成しません。

まっ、これ以上を言っても、何も意味が無いので、この辺で〆ます。あっ、もちろん、称賛も批判もしてません。ただ今後の糧として今日の教訓は覚えておこっと。

2011年1月 7日 (金)

合格の報が。

ゲート試験が今日だったブライトメッセージ。本日更新。以下、転載。

「本日1/7(金)にゲート試験を受けて、無事合格しました。ただしまだ乗り込みが足りておらず、出走態勢が整うまでには時間がかかりそうですので、来週中にNFしがらきへ放牧に出すことを検討しています。外厩でしっかりと調教を重ねて、デビューを目指していきます。」

無事にパスしたようで。そして、既定路線だったんでしょうか、やはり放牧。って、牝馬ですから、あまり根をつめていくとナーバスになりやすいですから、一旦、ガス抜き。

デビュー戦を迎えられるレベルまで仕上げてもらって、何とか新馬戦のあるうちにデビューを実現して欲しいなぁ…。

2011年1月 6日 (木)

艶やか。

さて、復帰後2戦目が近付いてきたラタンバスケットの近況を見ようと思い、社台TCのサイトをのぞくと…。アスピリンスノーの09、ブライトメッセージも揃って更新されてました。←ブライトメッセージはサンデーTCでしょ。←日課なの。

牝馬たちの揃いぶみで新年早々、華やかな感じです。一括up!

先ずはラタンバスケット。以下、転載。

「1月10日(月・祝)中山・ダート1800m(牝馬限定戦)に内田博幸騎手55kgで出走が確定しています。同レースは15頭立てとなっています。きょう(木)坂路で息を整える程度の最終調整を行いました。今回は状態の良さ、地力の高さに期待します。」

やっぱり使うんですね。つーか、ナゼに間隔を空けたのにダートなのか、イマイチ分かりません…。次走、芝を使う為の試金石、優先出走権を獲得する為の掲示板確保、まずは脚元第一に!

あっ、そうそう、今回はお出掛けがある為、せっかくの中山での出走ですが、現地には行けそうにありません…。

次いでアスピリンスノーの09。以下、転載。

「順調に直線コースでの調教を重ねてきましたが、ここにきて動きが小さくなったように感じました。ガクっとくるまえに休養を挟むことにします。現在はマシン運動を2時間行っており、リラックスさせています。現在の馬体重は465kgです。」

ガクっ…。ペースダウンですか…。順調に進んでたようですが、馬体重から鑑みると、ちょっとオーバーペースなのかな?うーん、ここでの小休止は後々の飛躍の為、と自らに言い聞かせ………。

そしてブライトメッセージ。以下、転載。

「本日1/6(木)もゲート練習を行い、入りと中の駐立は問題ありませんでした。出はそれほど速くありませんでしたが問題となるほどではなく、明日1/7(金)にゲート試験を受ける予定です。」

ホッ。先ずはゲート試験をパスしない事には始まりません。って、CWコースで追った調教の感想も書かれてますが、ガクっ………。

映像が見れるわけではないので判断出来かねますが、字面から見るとマダマダですね…。

ゲート試験後は一旦、放牧かな?うーん、デビュー戦を迎えるにはもうチョット掛かりそうですね。

はーーーっ、3頭もupしてくれると、嬉しいなぁ。←明日からヒマ。

2011年1月 4日 (火)

もうすぐ試験。

デビュー戦を迎える前に先ずはゲート試験クリアしないといけないブライトメッセージ。本日更新。以下、転載。

「年末年始は一旦ゲート練習を控えて、じっくり進めています。今週からゲート練習を再開していく予定です。ゲートの入り・中での駐立までは問題ありませんので、出る練習を重ねていきます。」

慎重に進めてる感がうかがえますね。牝馬という事もあり、テンションが高ぶることなく、このまま進めて欲しいところ。デビュー云々が何も無いので、マダマダ先かな?

いずれにせよ、私的にはカナリ期待の大きい本馬、焦らず見守って行こうと。

2011年1月 3日 (月)

明けまして。

天候に恵まれ、穏やかな年を迎えられました。今年も一年宜しく御願い致します。

さて、一日の恒例となってるクラブの愛馬情報を見ると、在厩馬たちが更新されてました。ラタンバスケット、以下、転載。

「1月10日(月・祝)中山・ダート1800m(牝馬限定戦)に内田博幸騎手で出走を予定しています。同レースはフルゲート16頭のところ、現時点で本馬を含めて12頭の出走表明にとどまっています。山元TCから帰厩後の状態が良いことから、今週の出走を決めました。暮れの26日(日)から坂路での追い切りを重ねており、きょう3日(月)もいつもどおり坂路コースに入って、54.4-エラー-25.0-12.4秒の時計をマークしました。」

あらま、早々の復帰戦ですか。って、ダート戦ですか………。まっ、長期休養明けからレース勘を取り戻す為、何度か走ってもらう方向なのでしょうか。坂路では動いてるようですので、レースが楽しみ。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

My愛馬たち

愛馬たちの御仲間
おすすめブログ&おすすめホームページ