無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

突き抜けられず…。

2勝目を挙げた地に戻り、再起を賭けるラストノート。本日更新。以下、転載。

「4月30日(土)東京・陣馬特別(芝2400m・ハンデ)に横山典弘騎手55kgで出走、馬体重は前走から増減なしの480kgでした。レースでは五分のスタートから控えてマイペースで追走していきました。後ろから6頭めあたりを掛るところもなくスムーズに追走できていました。内々を通って直線に入り、迷わず馬群の中に進路をとりました。馬群を捌いてグイグイ延びてきましたが、勝ち馬から0.2秒差の4着に敗れています。レース後、横山典弘騎手は「ようやくラストノートらしさが出てきた感じですね。返し馬ではコトコトしていたのでどうかと思いましたが、前走より気持ちのコントロールがきいていました。道中はリラックスして走れていましたし、気持ちがしっかりしていたので最後も馬群を捌いてこれました。今までが不本意な競馬でしたから、これくらい走れて当然です。でもこれで満足できません。まだまだこれからですよ」と話していました。」

久しぶりに競馬になってた…。自分の中では、四着という結果だけを見れば残念ですが、内容は良かったと思います。道中も引っ掛かる事無く、直線を向いても御行儀良く、馬群の中に突っ込めたし、抜けた時には大勢は決してたので、惜しい、という感はありませんが、カナリ進歩を感じたレースでした。

また、鞍上のコメントも、まだまだ上を目指せる事を期待してもイイ感じを受けます。一つ一つ、山元や美浦で教えてもらった事が、実に成ってるのかな。着実に歩を進めて欲しいです。

2011年4月29日 (金)

備忘録。

放牧中のラタンバスケット&ブライトメッセージ、昨日更新済。以下、転載。

先ずはラタンバスケット。

「本日4月28日(木)美浦TC近くの外厩・セグチレーシングステーブルにリフレッシュ放牧に出ました。今回は短期の調整予定で、すぐに帰厩して新潟を目指すプランです。」

そうですか。何も言葉はありません…。

次いでブライトメッセージ。

「この中間から騎乗調教を開始しており、現在は周回コースと坂路コースで普通キャンターを消化しています。特に馬体的に痛んだ箇所はありませんし、体調面も安定していますので、しっかりと乗り込みを重ねていって入厩態勢を整えていきます。現在の馬体重は471kgです。」

そうですか。以前より脚元を含め、弱いところがあるので心配です。実戦を経験した事による上積みと変わり身を期待しつつ…。

2011年4月28日 (木)

突き抜けて。

今週末の出走が確定しましたラストノート。本日更新。以下、転載。

「今週4月30日(土)東京・陣馬特別(芝2400m・ハンデ)に横山典弘騎手55kgで出走が確定しています。きのう(水)ポリトラックで追い切り、素晴らしい伸びを見せてくれました。状態は前走より間違いなく良くなっています。能力は高く、普通に走れれば突きぬけてもおかしくありません。

随分と、まぁ、期待値が高いコメントを…。まっ、人間の思惑など関係なく、走るのは馬。でも、走らせる準備をするのは人間ですね。それまでを滞りなく行っていただけるので、任せて安心です。

現地での観戦は出来そうにありませんが、今回もまた、思いっきり応援しようと。

2011年4月27日 (水)

陣馬一体。

私の愛馬たちの4月出走の掉尾を飾るラストノート。本日更新。以下、転載。

「今週4月30日(土)東京・陣馬特別(芝2400m・ハンデ)に横山典弘騎手55kgで出走を予定しています。同レースはフルゲート18頭のところ本馬を含めて26頭が出走を表明しており、出走間隔から18番目タイ(同条件に他3頭)となっています。状態は前走より間違いなく良くなっています。良くなっている分、道中で掛ってしまうかもしれません。」

1/3の確率で出走できそうです。って、除外の可能性のほうが高いんですが。まっ、先ずは明日の確定を待たない事には何とも言えませんが、先ずはゲートイン出きる事を。

また、先日出走したラタンバスケットも本日更新。以下、転載。

「レース後も変わりありません。あす(木)美浦TC近くの外厩・セグチレーシングステーブルへリフレッシュ放牧します。特に状態面で変わりがなければ、すぐに帰厩させて5月22日(日)新潟・芝1800m(牝馬限定)戦あたりを考えていきます。」

放牧明けの太目で心配もありましたが、脚元も大丈夫そうです。次走は芝を予定してるようですが、この厩舎、直前での変更は言うに及ばず、場当たり的なことも多く、何をかいわんや。

失礼を承知で申し上げますが、今年以降、この厩舎に予定されてる募集馬は、どんなに惹かれても、応募することは有り得ません。それは、含蓄があり、機知にとんだブログを書かれてる子息が厩舎を構えても変わらないでしょう。

2011年4月25日 (月)

フタを開けたら二ケタ…。

絶好の競馬日和だった昨日の東京競馬場。穏やかで爽やかな天候の中、久しぶりに競馬場へ。ラタンバスケット、昨日更新済。以下、転載。

「4月24日(日)東京・ダート1400m(牝馬限定戦)に武豊騎手55kgで出走、馬体重は前走から16kg増の486kgでした。レースでは最後方からとなり、そのままの位置取りで直線に入りました。外から伸びてくるかに思われましたが、5頭交わしただけにとどまりました。勝ち馬から1.3秒差の12着に敗れています。レース後、武豊騎手は「以前、乗ったときより返し馬の雰囲気が良くて、状態のよさが伝わってきました。期待しましたが砂を被ってしまって全く進んでいきませんでした。外枠が欲しかったです」と話していました。」

はぁ…、ラストノート、ブライトメッセージの直近のレースと同じく、またもや後ろから数頭かわしてなだれ込んだだけ…(溜息)。

戦前から想像も出来得る結果でしたが、そうですか、残念です…。次走はどうするんでしょうか。間隔を空けないと出走出来そうもありませんから、放牧でしょうか。って、そうなると、これの繰り返しです…。

都合もあり、レース後にはすぐに競馬場を後にしましたが、23年ぶりに府中で施行された皐月賞は見たかったなぁ…。

2011年4月22日 (金)

はじめの一歩。

現役馬以外のニュースが。レットイットスノー、本日更新。以下、転載。

「本日4月22日(金)に行われた産地馬体検査を受検し、JRA競走馬登録、および美浦TC・伊藤圭三厩舎との預託契約が完了しました。」

競走馬になる為、通る道です。これが終わると月2回更新になると思い、それが嬉しい時期。来月からは情報が増えるので、楽しみです。

2011年4月21日 (木)

選択は宣託。

放牧明けの大事な一戦に向かうラタンバスケット。本日更新。以下、転載。

「今週4月24日(日)東京・ダート1400m(牝馬限定戦)に武豊騎手55kgで出走が確定しています。状態、仕上がり面に不安はありません。芝で走らせてみたいところですが、今回もダート戦を選択しました。それでも距離短縮、コース替わりはプラスに出るはずです。巻き返しを期待します。」

日本を代表する鞍上に決まり、あとは応援するのみ。武豊騎手鞍上時には結果が出てませんが、御任せするのみ。頑張って欲しいなぁ…。

2011年4月20日 (水)

楽しみです。

在厩馬たちの更新日である水曜日は楽しみです。しかも今週と来週に出走を予定してるので、現役馬が3頭しかいない私にとって、なんと!今月は五節ある内の四節に出走かも。うーん、走る姿を見る喜びが増します、勝ち負けは別として。←んんっ?

先ずは今週出走予定のラタンバスケット。本日更新。以下、転載。

「今週4月24日(日)東京・ダート1400m(牝馬限定戦)に武豊騎手55kgで出走を予定しています。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて16頭ちょうどの出走表明となっています。出走間隔から5番目です。きょう(水)は坂路でサラッと追い切りましたが、それでも52秒8の時計が出ています。放牧前と比べて状態は良く、レースが楽しみです

ナゼにダートにこだわるのか、部外者の凡人には理解不能ですが、卓越した調教技術を持ち、身近で接してる方の判断のほうが信頼に足りることでしょうから、多くは言いません。競走以前の問題として、人為的失敗が起きやすいレース選択において、同じ過ちを繰り返すような事は無いでしょう。鞍上云々はさておき、後は本馬の実力による結果のみ。

レースが楽しみです

次いでラストノート。本日更新。以下、転載。

「来週4月30日(土)東京・陣馬特別(芝2400m・ハンデ)に横山典弘騎手で出走を予定しています。今日(水)坂路で速めを追いました。状態が良く、次走が今から楽しみです。」

そうですね、前回も述べましたが、適性と思われる距離やトラックにこだわって頂けると、ありがたいです。もちろん、結果が伴わなければ路線変更も視野に入れなければなりませんが、この距離、このコース、イイ結果を期待したいです。出走予定が土曜日なので、現地で応援することは出来ませんが、次走が今から楽しみです。

愛馬たちには、そろそろ二桁着順から脱して欲しいなぁ…。

2011年4月14日 (木)

立て直してからです。

無事、デビュー戦を終えたブライトメッセージ。昨日更新済。以下、転載。

「レース後は脚元を含め馬体に変わりありませんが、出走間隔を空けながらもう一度立て直すため本日4/13(水)にNFしがらきへ放牧に出ています。デビュー戦は幼さが目立ちレースに集中できていませんでしたので、次走では馬具を試すことも考えています。」

そうですね、優先権確保出来なければ、今の厩舎制度からは放牧が常套手段ですから、仕方なし。変わり身に期待するしかない現状ですので、なんとか立て直して、次走で良いところを見たいですね。

2011年4月13日 (水)

横しまな気持ちを縦縞で。

今日は入厩馬の更新日ですね。最近は二桁着順ばかりで意気消沈気味ですが、いつか浮上する日が来るのでしょうか…。手短にいきます。

脚元の不安は解消されたのかな、ラタンバスケット。本日更新。以下、転載。

「この中間も順調です。きょう(水)坂路で速めを追われています。状態は良く、いつでも出走できる態勢にありますが、次走は来週4月24日(日)東京・ダート1400m(牝馬限定戦)を予定しています。」

さすが、関東リーディング15位まで上がってきた厩舎の考えは、素人の私にも思いつかないダート連戦(呆)。前走、前々走後にあった「次走は芝で云々」は早計みたいです。ソロソロ芝に戻すタイミングかと思いきや、まだダートです。脚慣らしでしょうか、それとも脚元の不安が払拭できてないのでしょうか。

転厩が決まった以降の、この厩舎の方針は、出資決定時の私の選択の範疇外ですので、あとは関東リーディング15位の厩舎の御手並みを拝見させて頂くだけ、って、次走云々は牧場サイドの意向もあるんでしょうか。第三者には推察できません…。

あっ、誤解なきように。決して厩舎サイドに意見がある訳ではなく、独り言ですから。←イヤミっぽいなぁ。

そして、前走は惨敗ともいってイイほどの大敗を喫したラストノート。以下、転載。

「この中間は順調そのもので、馬体はフックラとして張りも出てきて、これだけいい状態にあるのは久々ではないかとのことです。きょう(水)は坂路1本のあと、ウッドチップコースで普通キャンター1周という調教メニューで、来週から攻めていくことにします。4月30日(土)東京・陣馬特別(芝2400m、ハンデ)が目標レースで、かつてこの条件で勝ったこともあることから、飛躍の1戦として期待がかかります。」

あのぉー、もしもし…。そんなに気合を入れたレポートを頂戴するのは有難いんですが、4戦連続で勝負に加わらないほどの負けを喫してるんですけど…(困惑)。

それでも、馬の適性であろう距離やコースを想定して頂けるのは、有難い限りです。

また、ブライトメッセージのことは、また明日に。

2011年4月 9日 (土)

期待しましょう。

ついにブライトメッセージのデビュー戦。先程、更新。以下、転載。

「4/9(土)阪神5R・芝2000m戦に出走・デビューし、馬体重は466㎏でした。スタートで後手を踏み、行き脚がつかず最後方からの競馬となりました。1000mの通過タイムが65秒とかなりのスローペース、この展開では苦しく、結局最後まで伸び切れぬまま、勝ち馬から1秒4離されての14着と大敗です。福永騎手は「返し馬から物見するなど幼さが目立っていました。レースでも終始フラフラしており競馬に集中していませんね。使いつつ変わってくるタイプと思え、軽い走りのする馬ですので、今日のような重い馬場も堪えていたと思います」とのコメントがありました。初出走でしたので仕方なく、次走の巻き返しに期待しましょう。」

残念無念…。

2011年4月 7日 (木)

初陣。

やっとデビュー戦に漕ぎ着けたブライトメッセージ。本日更新。以下、転載。

「4/9(土)阪神5R・芝2000m戦に福永騎手騎乗で出走・デビューが確定しています。このレースは16頭立てになりました。」

やっとその姿が競馬場に登場。ここまで来る道程は長かったですが、これから巻き返してくれるでしょうから、私自身が焦らずに。

出走メンバーを見ると、前走入着馬が8頭ですが、ウチのと同様に初出走馬も5頭。どんなレースをしてくれるか、期待と不安が交錯してます(汗)。まっ、初戦ですから、先ずは無事に、そして、欲を出せば掲示板確保で、もっと言わせてもらえば馬券圏内突入、そしてあわよくば…。←それは言わない約束。

また、ラストノートとラタンバスケットも付記。←って、オマケかよ。

先ずはラストノート。昨日更新。以下、転載。

「レース後変わりありません。このまま続戦予定で、今後発表される番組を見ながら、目標レースを決めていきます。」

東京開催が正式に決定したこともあり、次走は東京でしょう。怪我無く、無事に。

そしてラタンバスケット。本日更新。以下、転載。

「この中間も順調に調整を重ねています。きのう(水)坂路で終い重点に乗りました。仕上がりはマズマズです。4月23日から開催されることになった新潟戦への出走を予定しており、発表された番組表を見ながら、具体的な目標レースを決めていきます。」

そうですね、3場開催ということもあり、ローカル戦は最下級条件が多く組まれてますから、比較的出走しやすそう。残り一年をきった現役生活、怪我無く、無事に。

2011年4月 6日 (水)

輝かしいメッセージを。

震災後、少しずつ生活のリズムも戻ってきた今日この頃。同じ国の中で起きた事、自分に置き換えながら自問自答する中、答えが見えてきません…。

復興には経済発展が不可欠、微力ながら私に出来ることを少しずつでも。

と思ってたら、別の角度で貢献出来そうな事案が。第1回新潟競馬が前倒しで再来週から始まるとの事。また、東京開催も行われそうで、少しずつ除外ラッシュも緩和されそうで競馬も少しずつ回復の兆し。

そんな中、やっとブライトメッセージのデビュー戦が見えてきました。本日更新。以下、転載。

今週4/9(土)阪神・芝2000m戦を福永騎手騎乗で出走・デビューする予定です。フルゲート16頭立てとなる見込みですが、同馬は初出走ですので現時点では出走できそうです。今日4/6(水)Pコースを併せ馬、福永騎手騎乗で5ハロンから72.1-56.1-40.9-11.3秒の時計をマークしています。この馬なりに仕上がっていますので、既走馬・牡馬相手にどのような走りを見せてくれるか楽しみにしています。」

再入厩後は調教時計も数字になってきたようで一安心。後は実戦でどうでしょうか。

紆余曲折を重ねながら、やっと漕ぎ付いたデビュー戦。中央場所、しかも、コメントにもあるように、既走馬や男馬相手ですから、一筋縄ではいかないでしょうが、今期も絶好調の鞍上に導かれ、好結果を期待してます。

後は明日の確定を待つのみ…。

あっ、ラストノートとラタンバスケットの事は、また明日に。

2011年4月 2日 (土)

新期一転。

今日は年度替りの初日。ラストノートの出番です。本日更新。以下、転載。

「4月2日(土)阪神・明石特別(芝2000m)に横山典弘騎手57kgで出走、馬体重は昨年12月の前走と変わらず480kgでした。スタート直後から最後方を進む展開となり、道中は3頭ぐらい交わして追走して、直線は外に進路を取って追い出されました。一瞬伸びかけましたが、最後は脚がなくなって11着でのゴール、勝ち馬とは0.8秒差でした。レースを振り返って横山典弘騎手は「外枠でしたし、ゲートも速くないので、外を廻らされるこういう展開はあると思っていました。流れも落ち着いたので、途中から一気に行ってもよかったのでしょうが、直線でフラフラしていたように、行ってしまうと最後バタバタになってしまうと思って我慢しました。それでもだいぶ落ち着きが出てきて、成長は感じます」とコメントしていました。また鈴木康弘調教師は「去年よりも馬体の張りが出て、フックラとした状態で使うことができました。少し掛かってしまい、ジョッキーは抑えることを選択しましたが、これは次につながると思います」と話していました。」

………(無言)。最後の枠入れということもあり、スタートは御行儀良く出たものの、好位置につけられず、後方…。最終コーナーを廻って少し伸びかけましたが、なだれ込む様にゴール…。もう少しクラス慣れが必要な感じです…。

2011年4月 1日 (金)

直線に向けて。

来月のレポから月2回になるのかな?しばらく牧場見学に行ってないので、レポだけが頼りなレットイットスノー。本日更新。以下、転載。

「引き続き周回コースでじっくり乗り重ねています。常歩3000m、ダク1200mのあと、ダートコースでハロン20秒くらいのキャンターを2400mというメニューです。全体的に硬さが感じられますが、動き自体は良好です。じっくり乗り重ねてきたことで、十分といえるくらいの脚力を身につけてくれました。動ける脚力をつけてきたことで、力んで走る面もこれから解消されてくると思われます。直線コース入りしている他の馬と比べるとトレーニング内容が地味に感じられるかもしれませんが、これからのノビシロを大きく残している今の時期の本馬にとって最適なメニューです。期待している1頭ですので、積み重ねを大事に育てていきます。3月末時点の測尺は、体高158cm、胸囲188cm、管囲20.2cm、馬体重は490kgです。なお、本馬は4月22日(金)に行われます産地馬体検査を受検する予定です。」

調教再開後は順調のようですね。少し遅れを取ってしまいましたが、なぁーに、焦ることはありません。←毎年言ってるよ。

馬体重と体高が表すように、馬体もかなりの成長が伺えます。夏のデビューはないかと思いますが、このまま順調に。

また、明日は明石特別。

阪神9R 明石特別(芝2000m) サラ系4才以上1000万下

◎ ラストノート

新聞を見てもノーマーク、せめて私の頭の中だけでもフルマークにしていこうと思います。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

My愛馬たち

愛馬たちの御仲間
おすすめブログ&おすすめホームページ