無料ブログはココログ

« 備忘録。 | トップページ | 掛かることも無く。 »

2011年4月30日 (土)

突き抜けられず…。

2勝目を挙げた地に戻り、再起を賭けるラストノート。本日更新。以下、転載。

「4月30日(土)東京・陣馬特別(芝2400m・ハンデ)に横山典弘騎手55kgで出走、馬体重は前走から増減なしの480kgでした。レースでは五分のスタートから控えてマイペースで追走していきました。後ろから6頭めあたりを掛るところもなくスムーズに追走できていました。内々を通って直線に入り、迷わず馬群の中に進路をとりました。馬群を捌いてグイグイ延びてきましたが、勝ち馬から0.2秒差の4着に敗れています。レース後、横山典弘騎手は「ようやくラストノートらしさが出てきた感じですね。返し馬ではコトコトしていたのでどうかと思いましたが、前走より気持ちのコントロールがきいていました。道中はリラックスして走れていましたし、気持ちがしっかりしていたので最後も馬群を捌いてこれました。今までが不本意な競馬でしたから、これくらい走れて当然です。でもこれで満足できません。まだまだこれからですよ」と話していました。」

久しぶりに競馬になってた…。自分の中では、四着という結果だけを見れば残念ですが、内容は良かったと思います。道中も引っ掛かる事無く、直線を向いても御行儀良く、馬群の中に突っ込めたし、抜けた時には大勢は決してたので、惜しい、という感はありませんが、カナリ進歩を感じたレースでした。

また、鞍上のコメントも、まだまだ上を目指せる事を期待してもイイ感じを受けます。一つ一つ、山元や美浦で教えてもらった事が、実に成ってるのかな。着実に歩を進めて欲しいです。

« 備忘録。 | トップページ | 掛かることも無く。 »

'07年産 ラストノート
(ダイナフェアリーの07)
」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 備忘録。 | トップページ | 掛かることも無く。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

My愛馬たち

愛馬たちの御仲間
おすすめブログ&おすすめホームページ