無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

集中しよう。

来週の出走が待ち遠しいラストノート。本日更新。以下、転載。

「今週はまだ普通キャンターでの調整ですが、きょう29日(水)からブリンカーを装着して乗ることになっており、徐々に慣らしていくことにします。来週7月9日(土)中山・行川特別(芝2000m)に横山典弘騎手で出走を予定しています。」

馬具着用ですね。性格的にチト難しいところがあるようなので、これがきっかけになってくれれば。いつものことですが、ラストノートは相手云々より自分との戦いを克服せねば。

どう効果が現れるか、集中して走るラストノートを見たいです。

2011年6月28日 (火)

休業日といえ。

って、私が休み、というわけでなく、クラブは今日は休みのはずですが、更新がありました。ラタンバスケットです。以下、転載。

「山元TC到着後、すぐに乗り出しています。直線坂路でハロン16秒を毎日2本乗っており、今週から週2回ハロン15秒の強め調教を取り入れていきます。キャンターは少し硬めですが、これは乗り重ねていけば解れてくるものと思われます。現在の馬体重は482kgです。」

そうですね、休みとはいえ山元在厩馬の定期更新日ですから、更新してくれたのでしょう。あっ、そんなことはさて置き。本馬の状態ですが、硬めとは言うものの、不安云々、というコメントがないので安心していいようです。15秒ペースで乗られてるのであれば、再入厩も近しと言えそう。次回の更新までには予定も見えてくるかな?

2011年6月23日 (木)

追分。

って、いろいろな場所の地名となってますが、そうですか、分岐点という意味合いなんですね。不学な自分が恥ずかしいです(汗)。

まっ、それは後述するとして、先ずは愛馬の更新あり。ブライトメッセージです。以下、転載。

「本日6/23(木)はさっそく坂路コースに入って、普通キャンターを消化しました。」
って、ワザワザ書いて頂いて有り難いです。まっ、徐々にペースアップして、目標レースを定めてくれれば。

また、今年の募集馬の応募も致しました。2年続けて牝馬だったので、今年は比較的購入しやすい(価格面、人気面)牡馬を考えてました。今年から募集要項も変わったので、いろいろと考えることもありましたが、投函してしまった私。さて、どうなることやら。

第一希望 №48 グレイトフルデイの10(父ネオユニヴァース)

カタログはこちら

力強い眼力、柔らか歩様、堂々とした立ち振る舞い、イイ感じに思えます。←アンタの能書きなんて…。

超の付く早生まれということもあり、これからの成長曲線では他の馬と差は減っていくかと思いますが、久し振りの男馬ということもあり、期待してます。また、私自身、初めての追分F生産馬を第一希望にしました。昨年までも欲しかった馬はいたのですが、予算やら人気順やらで縁が無く。今年は縁があるでしょうか…。最終中間発表で前年応募と比べて36.6%で15人の方の第一希望があるので、単純に3倍したとして最終的に45人…。うーん、抽選枠は期待せずに考えると外れる可能性のほうが高いかなぁ…。まっ、その時はその時です。

っで、そうなった場合も考えて第2希望まで記入しました。

第二希望 №54 シャトゥーシュの10(父ゼンノロブロイ)

カタログはこちら

第二希望は牝馬です。←前言撤回か。←いろいろ悩んだ末なんです。

1月生まれですが、第一希望の馬とは違い、まだまだ成長の余地を十分に感じます。新進気鋭の厩舎、期待してます。

って、もちろん例年通り「1頭のみ希望」。←大前提。

2011年6月22日 (水)

分水嶺。

立場は違えども、次走が非常に大切になってきた我がラストノートとブライトメッセージ。本日更新。以下、転載。

先ずはラストノートから。
「レース後変わりありません。このまま厩舎で調整を続けて、7月9日(土)中山・行川特別(芝2000m)に向かいます。引き続き横山典弘騎手が手綱をとる予定です。前走は掛かることなく、スムーズな競馬ができましたが、直線に入ってからは交わせそうで交わすことができませんでした。精神面が影響している可能性もあり、次走はブリンカーかチークピーシーズの着用を検討しています。」

予定も立ちました。中2週で走れる体の強さが嬉しい、でも、次走は確実に結果が求められます。ここから足踏みが続くようであれば、もう精神面云々での説明も出来ない時期。これからマダマダ上を目指して欲しいので、ここはなんとか。

次いでブライトメッセージ。
「予定どおり、6/22(水)栗東TCへ入厩しています。こちらでさらに調教を進めて、出走レースを検討していきます。」

こちらはまだ復帰戦までは時間が掛かりそうですね。本格的な調教を始動して、なんとか変わり身と、足懸かりとなる前進した結果が欲しいです。

また、あまり触れてませんが(というより全く)、本日、投函しました。

2011年6月21日 (火)

再入厩。

通常だと火曜日はクラブが休みなので更新は無いはずですが、例年通り、今日は営業してるんですね。ついで、というよりも肌理細やかな更新ですね。有難いことです。ブライトメッセージ、本日更新。以下、転載。

「乗り出してからは順調です。今後は厩舎サイドで仕上げることとなり、6/22(水)栗東TCに入厩する予定です。」

んんっ?含みのある書き方がチト気になります(汗)。中継地点であるNF信楽も2歳馬たちの入厩で混んできてるんでしょうか。まっ、イイ方に取りましょう。復帰戦まではもう少々時間が掛かりそうですが、悠長なことも言ってられない3歳未勝利の立場。

7月の京都開催で復帰出来るかな…。

2011年6月19日 (日)

及ばずの…。

降級の一戦を迎えたラストノート。昨日更新済。以下、転載。

「6月18日(土)中山・佐倉特別(芝2200m)に横山典弘騎手57kgで出走、馬体重は2kg増の482kgで、断然の1番人気に推されていました。レースでは、スタートから先行勢を行かせて3番手に落ち着きました。3馬身後方で逃げ馬を見ながら進め、4コーナーで外から並びかける勢いで上がってきました。いざ直線右ムチ1本入って内の1頭を交わしに掛かりましたが、ゴール前懸命な左ムチが入っても内の馬をついに半馬身捉えきれず、惜しくも2着でゴールしています。後続の3着馬は2馬身半離していました。レース後横山騎手は「掛からずスムーズに運べました。その分気持ちよく行き過ぎて、逆に脚が溜まらず弾けませんでした」と振り返っています。鈴木師は「若干集中力を欠いていました。この次は、ブリンカーなども考えましょう」と話しています。」

久しぶりに行った中山競馬場は遠かった………(落胆)。

2011年6月17日 (金)

巷は2歳と1歳の話で盛り上がってます。

もう早いもので2歳新馬戦が始まりますね。ウチの2歳のレットイットスノー、本日更新。以下、転載。

「順調にペースアップして鍛えられています。周回コースでじっくり乗ってから、直線ダートでハロン17秒を1本乗っています。ここまでの地道な鍛錬が実を結びつつあり、ハードなコースでも脚力十分といった感じで終いまで余裕のある動きができるようになってきました。現在の馬体重は500kgです。」

うん、よし。順調が一番ですね。後退することなく少しずつでもペースアップが出来てるのが嬉しい限りです。このペースで行ければ、秋の入厩も見えてきそう、いや、秋のデビューもありかな?って、気が早いですね。夏を無事に順調に過ごして欲しいなぁ。

また、ラタンバスケットも更新あり。以下、転載。

「本日6月17日(金)山元TCへ放牧に出ています。」

そうですか。詰めて使ったので少々間隔を取る感じでしょうか。このまま脚元の不安なくいって欲しいです。

2011年6月16日 (木)

おみくじを引いたワケではない。

今開催から降級したラストノート。本日更新。以下、転載。

「今週6月18日(土)中山・佐倉特別(芝2200m)に横山典弘騎手57kgで出走が確定しています。7頭という少頭数でのレースとなりました。きのう(水)の追い切りは控えめにとどめました。これが吉と出るはずです。ここは勝利することだけでなく、内容も期待しています。」

ついに神頼みか、と思いきや、そうではなく。吉なんていわず大吉目指して欲しいところです。←強欲。

また、少々イレコミ気味のクラブコメントですが、確かに、1000万下からの降級は我が愛馬1頭のみ。フツーに考えれば、人気になり、負けられない一戦です、が!競馬はそんなに甘くなく、もちろん、負けること前提ではありませんが、何が起こるかわからないのが、競走馬たち。

勝って!というよりも負けてほしくない、ってのがホントのところ…。←前向きなんだか、後ろ向きなんだか。

前走で見せた、行ってしまう気性が少頭数ということもあり、馬込みに入れられるかが焦点ですね。

最近はゲートでは大人しくなり、気難しさも見せないので、ココは…。明日の枠順決定が楽しみです。

2011年6月15日 (水)

調教軽くない?

登録発表時点でフルゲート割れだったので、おそらく出走するのではないかと思ってたラストノート。本日更新。以下、転載。

「今週6月18日(土)中山・佐倉特別(芝2200m)に横山典弘騎手57kgで出走を予定しています。同レースはフルゲート17頭のところ、本馬を含めて7頭の出走表明にとどまっています。今日(水)ウッドで5F73.6-53-42.6秒の時計をマークしました。先週坂路でしっかりと乗っているので、今週は控えめの調整です。あとは実戦でもリラックスして走ることができれば、結果もついてくるはずです。」

やはり。また、出走表明メンバーが分かりませんが、降級のココは負けられない一戦。←んなコトを言ってると…。相手云々より、先ずは己との戦い、力をフルに発揮して結果が欲しいです。

っで、気になるのは中2週とはいえ、調教軽い感じがするんですが、これでいいのでしょう。あとは鞍上に任せて、応援するのみ。って、まだ出走確定してませんが。

2011年6月13日 (月)

特別だよ。

さっ、昨日の事は昨日の事。忘れては反省材料になりませんが、一先ず置いといて。ラストノート、本日更新。以下、転載。

「今週6月18日(土)中山・佐倉特別(芝2200m)に登録しました。同レースはフルゲート17頭のところ、本馬を含めて12頭の登録があります。」

てっきり来週の2000mだとばっかり思ってたので、あらま、驚きの特別登録。とりあえずの登録かもしれませんが、出走意思があるからこその登録。今週からは降級になるので、相手関係次第って部分もあるんでしょうか。

明後日の追い切りと更新が楽しみです。

2011年6月12日 (日)

直線までは…。

厳しい結果となったラタンバスケット。本日更新。以下、転載。

「6月12日(日)東京・芝1800m戦に蛯名騎手55kgで出走、馬体重は6kg減の476kgでした。レースでは、スタートを決めて前めにつけると、内から6番手につけました。4コーナーで3番手の外までポジションを上げて直線に向きましたが、ここから思うように脚が続かずに後退してしまい、最後は勝ち馬から0.9秒差の9着でした。レース後蛯名騎手は「速い脚がないので、早め早めにいきましたが、今日はメンバーも揃っていましたし、時計も速かったです。ペース慣れしてくればもう少しやれると思います」と振り返っています。」

最終コーナーを回ってきた時はイイ感じにも思えたんですが、その後はアラアラ…。鞍上からの敗因を聞くと、明るい兆しが見えてこない事がスゴク残念…。

2011年6月10日 (金)

腫れのち腫れ…。

あんまりユックリ出来る時期でもなくなってきたブライトメッセージ。本日更新。以下、転載。

「左前脚の管の腫れは治まりつつあったのですが、今度は左後脚に新たに疲労からくる腫れの症状がみられました。そのため、先週末から今週にかけては騎乗調教を見合わせてウォーキングマシン運動に留めていました。本日6/10(金)から騎乗調教を再開しており、しっかりと脚元のケアを行いながら、徐々にペースアップを図っていきます。現在の馬体重は480kgです。」

そろそろあるかと思ってた入厩のアナウンスが無かったので、どうしたのかと心配してましたが、そうですか………(落胆)。なかなかペースアップが出来ない現状、未勝利戦の終了する時期も近付いてくる今日この頃ですが、なんとかイイ状態で戻って来て欲しいなぁ…。

2011年6月 9日 (木)

2度あったんだから3度目を。

出走確定したラタンバスケット。本日更新。以下、転載。

「今週6月12日(日)東京・芝1800m戦に蛯名騎手55kgで出走が確定しています。芝のレースを続けて使えることは何よりです。今回も好勝負になるはずです。」

3戦連続で現地へ見に行けそうです。私自身、昨年の6月12日(日)のラストノートのくちなし賞以来、ラタンバスケットにとっては一昨年の6月14日(日)以来の勝利を目指して頑張って!って、2回とも、その年の1回目の社台ツアー当日。社台ツアーの日と愛馬の勝利が重なる事が、ルーティンなら、今年も!

さっ、明日の9時30分、忘れないようにしなきゃ。

2011年6月 8日 (水)

次走に向けて。

最近は、コンスタントに月に一度でも走る姿が見れるので嬉しい今日この頃。ラタンバスケットとラストノート、ともに本日更新。以下、転載。

先ずは今週末に出走のラタンバスケット。
「今週6月12日(日)東京・芝1800m戦に蛯名騎手55kgで出走を予定しています。同レースはフルゲート18頭のところ、現時点で本馬を含めて18頭ちょうどの出走表明頭数です。きょう8日(水)は坂路で追い切りました。前走で3着と頑張ったあとだけに心配された脚元も、特に変化はないことから、中1週で臨みます。」

中一週がどう出るか、分かりませんが、体調は良さそう。また、フルゲートになりそうで、これから明日の確定までメンバーがどうなるか分かりませんが、優先出走権があるので、一安心。鞍上も追える蛯名騎手、期待大です。

次いで、降級が予定されてるラストノート。
「この中間も順調です。今日(水)は坂路で18-18を1本乗った後、56.6-39.4-26.5-13.5秒の時計をマークしました。6月25日(土)中山・芝2000m戦あたりへの出走を検討していますが、今後の状態を見ながら正式に決めることにします。」

来週、再来週と追えますから、本格的な追い切りはマダ。また、文中に「あたり」という文言があるのが、次走は不確定を明示してる感じですね。1000万下で掲示板を確保出来るようになってきたので、500万下で足踏みせぬよう、スッキリと1000万下に戻ってきて欲しいなぁ。

2011年6月 3日 (金)

しっかりと。

最近は牧場見学に行ってない私にとって、月二回の更新は嬉しいですね。レットイットスノー、本日更新。以下、転載。

「直線コース入りしてからも順調にきており、とても良い感じで調教を重ねることができています。現在は周回コースで常歩3000m、ダク1200m、軽めキャンター1200mのあと、直線ダートでハロン18秒を1本というメニューです。周回コースでしっかりと調教をしてきましたので、直線コース入りしてからも動きに足りない面はありません。馬体もしっかりと増えており、現在は502kgになりました。」

「しっかりと」を念を押すように言われてます(笑)。募集時は小く、乗り運動を始めてから調教ペースが他の馬と比べると遅れ気味だった本馬ですから、「しっかりと」してきてくれたことは安心材料です。一年前の今頃はちっちゃかったんですが、それも時間の経過と成長力で500kgを超えるまでになりました。

もう一年経ったんですね。←そりゃ、今年の募集馬が公開される時期ですから。

2011年6月 1日 (水)

競馬はいつも「次は」。

走り終えて翌水曜日の更新が大事ですよね。ラストノートとラタンバスケット、本日更新。以下、転載。

先ずはラストノート。
「レース後も変わりありません。前走は状態が良い分だけ掛ってしまいました。今日(水)までプール調整にとどめており、このまま厩舎で進めていきます。中山2週め以降の芝2000m戦あたりを目標にしています。」

前走で最後まで投げ出さずに走りぬいた事が、今後の糧となってくれれば…。降級がありますから、フツーに考えると6月25日の8Rでしょうか。うーん、最良の結果は出てませんが、走り終えた後も体調等に不安が出ないので、ありがたいです。

次いでラタンバスケット。
「レース後も変わりありません。来週6月12日(日)東京・芝1800mに出走を予定しています。騎手は未定です。」

??? ナヌ?中一週?上のクラスから降りてくるクラス再編成前に、もう一走!って感じでしょうか。素人には予見出来ないローテーション、走り終えるたびに、不安が無くとも短期放牧を挟んでダート連戦してた事はなんだったんでしょうか。ここにきて脚元の不安が完全に一掃出来たんでしょうか。私の頭の中は「?」ばかり。まっ、私の声はどーでもいいので、あとは名伯楽の手腕を見ていくのみ。っで、前回の記述に助手のコメントであった鞍上はどうなるのか、馬具はどうなるのか、こちらもあわせて見ていきたいと思います。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

My愛馬たち

愛馬たちの御仲間
おすすめブログ&おすすめホームページ