無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

下手に出れば。

やはり、という言葉しか見当たらないラストノート。本日更新。以下、転載。

「7月31日(日)新潟9R・燕特別に出走、馬体重は482㎏(+2)でした。スタートに問題なく道中はゆったりした流れで7~8番手で折り合いも付いていました。縦長の展開で淡々としたペース、4コーナーまでそのままの位置でレースを進めました。直線では意識的に外に出して追い込みも賭けるも、勝ち馬がさらに大外から追い込んできて及ばず、勝ち馬から半馬身+クビ差の惜しい3着でした。松岡騎手は「道中は折り合っていました。直線では大外から追い込むも外へ逃げ気味で、追えば内に切れ込むなど気難しい馬ですね」とのことで、鈴木康調教師は「気難しい馬ですので、今後は一旦リフレッシュさせたく放牧する予定です」とのコメントがありました。」

大前提は馬の気質の問題かと思います。しかし、テン乗りであるならば、気難しいという言葉も妥当かと思いますが、前回騎乗時を持ってすればクセは理解してるはず。それならば気難しいと表現するよりも、乗り難しい、と言うほうが適切であろう。一着馬に大きな迷惑を掛け、被害馬が勝ってくれたから、御目溢しもあったかと思いますが、申し訳なく、恥ずかしい競馬です。

多かれ少なかれはありますが、馬は予測不可能な行動をする生き物、それを前回と全く同じ騎乗しか出来ず、馬の気質の問題とするならば、学習能力が無いか、向上心を忘れたか。

勝つ負けるに関しては天の時、地の利、人の輪、その他にも色々な要因があるので、致し方ありませんが、基本である、他馬、そして他陣営に迷惑を掛けぬよう、もちろん、フタをする、などギリギリのプレーはあって然るべきかとは思いますが、今回は馬だけの要因ではないですね。

TVK賞で見せた斜行以来の下手なレースでした。どちらも同じ鞍上、もう御せ無いでしょうし、御自身の安全の為にも、クセのある馬に乗るのは控えた方が。って、私には何の権限もありませんが。

また、レース直後、鞍上と近しい方から御電話を頂戴しました。「今回は前走と違って、レースになってたね。…(中略)。あれは、一口持ってる人のせいだよ(笑)」と。

って、全ての出資者はレース結果が左右されるほどの影響力は持ち合わせてませんし、因果関係は全くありません。冗談にしても、過ぎますね。私を除いての関係する39人の名誉の為にもハッキリと申し上げます。

2011年7月29日 (金)

着実に…。

2歳戦も賑やかになってきた今日この頃、うちの2歳のレットイットスノー、本日更新。以下、転載。

「この中間も順調にきています。直線ダートでハロン17秒を1本乗っており、その前後の乗り込みもどんどん内容が濃くなってきています。現在の馬体重は490kgになり、締まってきました。息の入りも徐々に早くなっており、右肩上がりの曲線を描きつつあります。」

そうですか、一先ず順調そうで一安心。初年度のハーツクライ産駒の2歳時の戦いぶりを見てると、仕上がりは思ってたより早く、その為、始動も早かったような気が。その分、年末には少々のペースダウンもあったようですが、初年度から重賞ウィナーも輩出してる事ですので、期待は大きく。って、同時にスタッドインしたディープインパクトには水を開けられてるようですが。って、人さまの馬のことはどうでもいいですね、先ずは自分の馬に事に集中せねば。

話を戻して、レットイットスノー。生まれも早く、順調な過程や、所属厩舎の傾向などを勘案すると、この時期には既に入厩してるかなと、ちと前までは思ってましたが、マダマダ牧場で鍛錬を積むようです。ひと夏を越して、どこまで成長できるか、牧場在厩中の2歳馬の夏は大切な時期です。

2011年7月28日 (木)

三者算用。

愛馬たちの臨戦態勢が整ってくると更新が頻繁に行われるので、有り難いです。って、私が追い付きません(汗)。

ラストノート、ブライトメッセージ、そしてラタンバスケット、昨日&本日更新。以下、全部を転載。←完全なる手抜き行為。

先ずは今週末が楽しみでもあり、不安でもあるラストノート。

「今週7月31日(日)新潟・燕特別(芝2000m)に松岡騎手57kgで出走が確定しました。想定よりも頭数が少なくなり、10頭立てのレースです。昨日(水)はウッドで追い切りました。ここのところ期待を裏切る結果が続いていますが、今回はブリンカーを外します。スムーズな競馬さえできれば、ここでは力が違います。

あらま…。想定段階では最多で16頭、との読みがあった昨日、一夜明けて確定したら10頭…。一番危惧するのは、流れが落ち着いて、前々走のような競馬になってしまうことですね。オマケに新潟の外回りですから、長くイイ脚を持つ馬に気を付けないと。←随分と上段からの物言いだね。

メンバーを見渡すと、前走でスローの中、思いっ切りイイ脚で差し切った三歳馬が一番人気でしょうか。ウチのは人気先行どころか、過剰に人気になりますが、今回は鞍上込みで人気を落としそうです。←不遜な言い方だね。

まっ、強力な逃げ馬が見当たらない今回、先行集団に取り付いて、直線半ばから進出して、どこまで保つか、ってところでしょうか…。随分と都合の良いレース展開ですが。

次いで大敗どころか惨敗と言っても過ぎでは無かったブライトメッセージ。昨日の分から。

「レース後は変わりありませんが、前走でも幼いところがあり、ハミも取らなく敗因はハッキリしています。このまま厩舎に置いてしっかりと調整し、続戦していくことになりました。」

うーん、レースを見た限りでは、それだけでは無いような気が…。そして、本日分。

「次走は8/13(土)小倉・芝2000m牝馬限定戦、8/14(日)小倉・芝2000m戦、8/14(日)小倉・芝1800m戦のいずれかを考えています。同じような距離が多く、優先出走権がなくても出走できる可能性があるとみており、ここで出走できるのなら芝に戻してみます。」

今週の小倉競馬を見てると優先出走件が無くても、中1週で芝の1800mに出てる馬もいます。とはいえ、中2週で出れるんでしょうか。使いつつ良績を積まないと、3歳未勝利の番組も無くなります…。崖っぷち、瀬戸際、赤壁の戦い、思い浮かぶのは、そんな言葉ばかり…。まさに次走が命運を左右しそうです…。

そして、復帰が待ち遠しいラタンバスケット。昨日の分から。

「中間は一時左前脚の蹄を気にしたことがありましたが、いまは問題なくなり、再び調教のペースを上げてきています。週2回ハロン14~13秒の強め調教もこなして、従来の活気ある走りが戻ってきました。あす7月28日(木)の美浦TC帰厩が決定しました。最新の馬体重は488kgです。」

おっ!やっと再入厩が。しかもチョッピリ良い感じ。そして、本日分。

「本日7月28日(木)美浦TCへ帰厩しました。今後は札幌と新潟の両睨みで調整していくことにします。」

ふーん、札幌も視野ですか。てっきり新潟一本かと思ってました。乗り役の手配も含め、って言外に感じます。。←勝手な推測。

私的には、第4回新1日目の鳥屋野特別(牝馬限定)芝1800mかなと思ってますが、さて。

決まったものは…。

と言ってもまだ確定して無いラストノート。本日更新。以下、転載。

「今週7月31日(日)新潟・燕特別(芝2000m)に松岡騎手57kgで出走を予定しています。同レースは(水)現在で出否が未定の馬を含めても16頭と、フルゲートには満たない状況です。きょう(水)はウッドチップコースで追い切りました。今回のレースではブリンカーを外して出走することにします。」

そうですか、鞍上は松岡騎手ですか…。一度、騎乗経験のありますから、大丈夫でしょう。いや、大丈夫であって欲しい…、って、その前に、本馬自身の気性が気になります…。

2011年7月25日 (月)

中二週です。

愛馬たち、今月最後の出走となりそうなラストノート。本日更新。以下、転載。

「今週7月31日(日)新潟・燕特別(芝2000m)に登録しました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて23頭の登録があります。」

一番気になるのは使い詰めできてる上に、この暑さ。消耗度が激しい感じもしますが、ここは何とかイイ結果を出して夏休みに入って欲しいところです。

って、次に気になるのは空席となった鞍上…。

2011年7月24日 (日)

躓かないで前を向け。

復帰二戦目のブライトメッセージ。本日更新。以下、転載。

「7/24(日)京都2R・ダート1800m(牝)戦に鮫島良騎手で出走、馬体重は10kg増の476kgでした。スタートの出は五分でしたが、そこから行き脚がつかず、後方からの競馬になりました。道中は後方2~3頭目を追走、直線では外から追い出されました。しかし、前との差を詰めることができず、勝ち馬から3秒2差の14着での入線でした。騎乗した鮫島良騎手は「スタートの出は五分に出たのですが、出てからの一歩目で躓いてしまいました。その後、道中も頭を上げて走っていて、自分からハミを取ってくれませんでした。直線でも外にもモタれて、最後まで競馬になりませんでした。調教や返し馬の雰囲気は悪くないのですが、気難しいところがあって、今回はそんな面が出てしまったかもしれません」とコメントしています」

ダートに変わり期待を変わり身を期待された二戦目でしたが、変わり身どころか、前走よりも着差を広げられる結果となり、厳しい内容となりました…。芝ダート云々や馬具ではなく、違うところに原因があるような気がします…。

出走間隔を取らないことには出ることさえおぼつかないと思いますので、次走はいつになるんでしょうか…。水曜の更新が大事になってきました…。

2011年7月21日 (木)

1粒で2度。

立て直しを図ったブライトメッセージ。本日更新。以下、転載。

って、2回の更新があったので時系列で。

先ずは午前の部。

「7/21(木)Pコースで鮫島騎手を背に併せて追い切られ、6Fから84.0-68.2-52.1-37.5-11.6秒の時計をマークしています。」

終い重点のような感じでイイのでないでしょうか。最終追い切りに乗ってくれた鮫島騎手。初の騎乗となる鞍上に感触を確かめてもらう意図もあるんでしょう。

そして出馬確定後の部。

「7/24(日)京都2R・ダート1800m(牝)戦に鮫島良騎手で出走が確定しています。このレースは16頭立てになりました。」

なんだか淡々としたコメント…。フルゲートになりましたが、カナリ出走間隔が空いてるので、出れるだろうと思ってました。あとは相手云々の前に、走る気をもっと前面に出して、光明の見える内容のレースを期待したいです。

2011年7月20日 (水)

愛馬たち、2週連続出走へ。

いよいよ復帰に向けてのブライトメッセージと、言い訳が立たなくなってきたラストノート、本日更新。以下、転載。

先ずは今週予定のブライトメッセージ。

「今週7/24(日)京都・ダート1800m(牝)戦に鮫島良騎手で出走を予定しています。このレースはフルゲート16頭に対して22頭の出走表明馬がいますが、本馬は出走間隔による優先順で除外の心配はなさそうです。なお、今週の追い切りは明日7/21(木)に行います。」

今週出走がほぼ確定ですね。また鞍上も決まってるようです。鮫島騎手、今年は今までよりも成績が芳しくないようですが、私の記憶の中では、思い切った騎乗が出来る騎手だと認識してます。また、ウチの愛馬も後はありませんが、怖いものも無い立場。思い切った騎乗で新味を。

次いで来週予定のラストノート。

「この中間も変わりなく調整されています。来週7月31日(日)新潟・燕特別(芝2000m)を第一目標にすえています。騎手は現在調整中です。」

あらま、燕特別ですか。てっきり萬代橋特別かと思ってましたが、優先出走件が無いので、出走間隔によるメンバー次第、ってトコでしょうか。また、乗り慣れた横山典騎手は函館で騎乗してますので、誰になるのでしょうか…。昨年はチョーシに乗ってた関東の若手だけは勘弁して欲しいなぁ…。

2011年7月17日 (日)

突発。

日曜に更新なんて、ブライトメッセージ。本日更新。以下、転載。

「追い切り後は馬の状態も上向いていることから、7/24(日)京都・ダート1800m(牝)に鮫島良騎手で出走することを検討しています。追い切りの動きを見て出走するかどうかの判断を行います。」

まさか特別登録?んなワケナイ、もしや(心配)…と思いきや、次走報でした(ホッ)。でも日曜にワザワザ更新してくれるんなんて、新幹線の切符の手配を早めに、という親心でしょうか(←オメデタイ)。

なにはともあれ、目先を変えてのダート参戦。期待します。

2011年7月15日 (金)

ドンドン。

デビューが待ち遠しいレットイットスノー。本日更新。以下、転載。

「この中間も順調に調教を重ねています。周回コースで準備運動をしてから、直線ダートでハロン17秒を1本乗っています。調教メニューの数字は変わりありませんが、長めからいくなど内容はどんどん濃くなってきています。現在の馬体重は502kgです。」

順調至極で何より。最近は牧場見学に御邪魔してないので、生で見ることをせず、文字列に頼りきりで判断してしまいがちですが、それではイケマセンね。愛馬と認識することを、更新内容に依存し、現場で見ることを怠ると、本質的な部分と距離の隔たりを感じます。

これじゃ、いけませんね。勝った負けたが大切なのは当たり前ですが、この趣味を通じて、もっともっと大切なことを感じる事が出来るチャンスを、最近はPCの前で済ませてしまう自分をチト反省。

2011年7月14日 (木)

気になる…。

入厩はマダかなと思いながら定期更新の14日になった山元TC在厩中のラタンバスケット。本日更新。以下、転載。

「この中間、左前脚の蹄を気にし始めました。そのため騎乗調教を控えて、マシン運動2時間のみで様子を見ています。飼い葉はしっかりと食べてくれていますので、体重は増えてきています。現在の馬体重は484kgです。」

………(ガッカリ)。今度は蹄ですか………(肩落ち)。体質的に厳しい部分が多いですが、何はともあれ、回復し、また競馬場で見れる日を!

2011年7月13日 (水)

皆、見ながら。

あまりの大敗を喫したラストノートと復帰戦が見えてこないブライトメッセージ…。本日更新。以下、転載。

まずはラストノート。
「レース後変わりありません。前走は掛かり通しで抑えが利きませんでした。これでピリッとしたところが出るはずで、次走はブリンカーを外してみます。3回新潟後半戦の芝中距離戦への出走を予定しており、今後の状態・出走状況を見ながら具体的なレースを決めていきます。」
続けて走ったので、放牧も有りかと思ってましたが、脚元にも不安は無く、続戦のようです。ただ、優先出走権を確保出来なかった事もあり、流動的な感。あそらく萬代橋特別かなと思いますが、個人的にも思い入れの深い萬代橋。←そりゃ関係ないだろ。

久々の勝利を挙げるのにはもってこいの特別レースです。←だから、そりゃ関係ないだろ。

ついでブライトメッセージ。
「この中間も順調に乗り込みを行っており、7/13(水)は坂路コースで追い切られました。半マイルから52.9-39.0-25.7-13.0秒の時計をマークしています。まだ復帰戦は決めていませんが、追い切りの動きと馬体の仕上がり具合を見ながら具体的なレースを決めていきたいと思います。」
追い切りを重ね、慎重に調整を進めてる感じですね。また、調教内容、タイムともに良化を感じられますので、次走は大いなる前進を期待したいです。

2011年7月10日 (日)

怒るな。

昨日更新済のラストノート。以下、転載。

「7月9日(土)中山・行川特別(芝2000m)に後藤騎手57kgで出走、馬体重は前走から2㎏減の480㎏でした。五分のスタートから、中団からのレースとなりました。向正面で前との差をつめ、先行集団後方までポジションを上げました。3~4コーナーでは馬群の内の方で脚をため、直線を迎えました。ロスなくレースを進めることができ、直線では持ち前の爆発的な末脚が期待されました。ところが直線では止まってはいないものの、ジリジリとした脚しか使えず、勝ち負けする位置までこれませんでした。勝ち馬から1.1秒差の6着、1番人気に応えられませんでした。レース後、後藤騎手は「スタートして1コーナーまではいい感じだったのですが、カーブのところで前がポッカリと空いていて、そこへ横に馬がきたのでそこで馬が怒ってしまい、ぞれから4コーナーまでずっと掛かっていました。背中がよく、フットワークもいい馬なので、押さえきれなくて、前の馬へ乗りかかろうとしていました。きょうは掛かってしまったのがすべてです」と肩を落として話していました。また鈴木康弘調教師は「1コーナーで壁を作れなくて、掛かってしまいましたね。あれだけ掛かって最後バタバタにならなかったのだから、力は再認識しました。このあとブリンカーをどうするかは考えてみますが、次は新潟戦を使っていこうと思います」と話していました。」

騎手の意を汲んで、自在に動けるようにならないと…。←難題。

気性も競走馬にとっては大切な能力のひとつ。改善されるのか、若しくは、良い方にもっていくのか。難しいところです…(落胆)。

2011年7月 7日 (木)

共通項は。

今週末の出走が確定したラストノートと、復帰に向けてのブライトメッセージ。昨日に続き、今日も更新されました。以下、転載。

先ずはラストノート。
「今週7月9日(土)中山・行川特別(芝2000m)に後藤騎手57kgで出走が確定しています。元々このクラスにいる馬ではありません。地力は上ですが、前走は勝ちきることができませんでした。ブリンカー着用でもうひと押しに期待します。」
そうですね、1000万下で掲示板確保出来た本馬ですから、今度こそ!という気持ちです。←鼻息荒い。

また、今回は実戦で初ブリンカーです。そして、乗り代わりとなる鞍上も私的には嬉しい限り。思い切った騎乗をしてくれることが多い後藤騎手ですので、新たな一面、そして最良の結果を期待しちゃいます。

続いてブライトメッセージ。
「チークピーシーズを着用して、7/7(木)はCWコース併せ馬、6ハロン86.1-69.6-54.6-40.0-11.9のタイムをマークしました。また多少集中力に欠けるところがあり、いずれブリンカー着用も検討していきます。」
こちらもブリンカーを検討してるとのコト。今日の調教も終い重点のようですが、徐々に上昇気配を感じます。復帰戦はもうチョット先かな?

2011年7月 6日 (水)

馬具装着。

在厩馬たちの定期更新がある水曜は楽しみです。ラストノートとブライトメッセージが更新。以下、転載。

先ずは今週出走予定のラストノート。
「今週7月9日(土)中山・行川特別(芝2000m)に後藤騎手57kgで出走を予定しています。同レースはフルゲート17頭のところ、本馬を含めて19頭が出走を表明していますが、前走2着の優先権がありますので出走可能です。先週末(日)坂路で3F41秒8を、今日(水)はウッドで2回めのブリンカー着用して追い切りました。レースでもブリンカーを着用するつもりです。いい状態をキープしています。」
前走時とは違い、終い強めでの調教だったようです。ブリンカー装着し、覚醒してくれれば。また、懸念してた鞍上も後藤騎手に決まりそうで一安心(ホッ)。この厩舎に乗る機会はあまり多くないようですが、乗ったときの相性は良い、と記憶があります。ここは是非。

次いでブライトメッセージ。
「この中間も順調に調整され、明日7/7(木)に追い切りを行う予定です。追い切りではチークピーシーズを装着する予定です。まだ弱いところもありますが、以前に比べて精神的に随分成長して大人になっています。これから更にペースアップしてレースに備えます。」
こちらはチークピーシーズですか。本気になる事を促せれば。体質的なコトのきじゅつがあり、チト心配…(いや、大いに…)。まっ、月末には復帰戦が迎えられるかな?

2011年7月 5日 (火)

特別登録。

降級後、二戦目となるラストノート。昨日更新済。以下、転載。

「今週7月9日(土)中山・行川特別(芝2000m)に登録しました。同レースはフルゲート17頭のところ、本馬を含めて25頭の登録があります。」

優先出走権を得られたので、弾かれる事は無さそうです、って、んなコトよりも予定してた横山典騎手が実効1日の騎乗停止処分を受けた事により、鞍上が未定となってしまいました(汗)。

誰が乗ってくれるのかなぁ…。あの関東の若手だけは勘弁して欲しいなぁ…。

2011年7月 2日 (土)

即報。

先ほど、郵便配達の方が持って来てくれました。

P1000634

第一希望で41人超えだったので、どうなることやらと思ってました。いわゆるラッキーナンバーは違うようですが、一次募集で収まりました。ちなみに過去4年実績235万、会員番号末尾№8です、って、何の参考にもなりませんね。

2011年7月 1日 (金)

三夜一夜。

ずっとサボりっぱなしでカナリの滞りが。レットイットスノー&ブライトメッセージが更新済です。以下、まとめて転載。←手抜き。

先ずは今日のレットイットスノーから。

「この中間も順調に乗り進められています。周回コースで常歩3000m、ダク1200m、軽めキャンター1200mのあと、直線ダートでハロン17秒を1本乗っています。コンディションは上向いてきており、それに伴って動きに余裕が出てきた印象です。現在の馬体重は500kgです。」

軌道に乗ったようです(ホッ)。夏はもう少しペースアップに努めてもらって、秋口でしょうか。また、体重も減らずにきてるので、いい傾向ですね。順調にいってくれることを願うのみです。

次いで、昨日、一昨日と二日連続で更新のあったブライトメッセージです。

6月29日分→「この中間も順調で、6/29(水)は角馬場でののキャンターの後、坂路コースで16-16ペースくらいのキャンターを1本乗られています。カイバ食いもよく、次走は未定ですが、さらにペースアップをはかっていきます。」

6月30日分→「6/30(木)はCWコースで15-15以上の追い切りをおこないました。」

脚元云々は言われてないので、大丈夫そうですね。いよいよ3歳未勝利戦も数が少なくなってきました。なんとか前進が見込める変わり身を見せて欲しいところ。再来週くらいには復帰戦を迎えられるのかなぁ…。

また、本年度募集馬の応募結果による人気順と残口ありが発表されました。私が第一希望で応募した馬は、私も入れて、41~59人の応募があったようです。うーん、厳しいかなぁ…。また、第二希望の馬も満口に。こちらは第二か第三での満口のようですね。

って、もしかしたらどちらも叶わずに、先行募集行きになるかもしれない私です(汗)。←まっ、そうなったら見送り、って、方向もありますが。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

My愛馬たち

愛馬たちの御仲間
おすすめブログ&おすすめホームページ