無料ブログはココログ

« 共通項は。 | トップページ | 皆、見ながら。 »

2011年7月10日 (日)

怒るな。

昨日更新済のラストノート。以下、転載。

「7月9日(土)中山・行川特別(芝2000m)に後藤騎手57kgで出走、馬体重は前走から2㎏減の480㎏でした。五分のスタートから、中団からのレースとなりました。向正面で前との差をつめ、先行集団後方までポジションを上げました。3~4コーナーでは馬群の内の方で脚をため、直線を迎えました。ロスなくレースを進めることができ、直線では持ち前の爆発的な末脚が期待されました。ところが直線では止まってはいないものの、ジリジリとした脚しか使えず、勝ち負けする位置までこれませんでした。勝ち馬から1.1秒差の6着、1番人気に応えられませんでした。レース後、後藤騎手は「スタートして1コーナーまではいい感じだったのですが、カーブのところで前がポッカリと空いていて、そこへ横に馬がきたのでそこで馬が怒ってしまい、ぞれから4コーナーまでずっと掛かっていました。背中がよく、フットワークもいい馬なので、押さえきれなくて、前の馬へ乗りかかろうとしていました。きょうは掛かってしまったのがすべてです」と肩を落として話していました。また鈴木康弘調教師は「1コーナーで壁を作れなくて、掛かってしまいましたね。あれだけ掛かって最後バタバタにならなかったのだから、力は再認識しました。このあとブリンカーをどうするかは考えてみますが、次は新潟戦を使っていこうと思います」と話していました。」

騎手の意を汲んで、自在に動けるようにならないと…。←難題。

気性も競走馬にとっては大切な能力のひとつ。改善されるのか、若しくは、良い方にもっていくのか。難しいところです…(落胆)。

« 共通項は。 | トップページ | 皆、見ながら。 »

'07年産 ラストノート
(ダイナフェアリーの07)
」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 共通項は。 | トップページ | 皆、見ながら。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

My愛馬たち

愛馬たちの御仲間
おすすめブログ&おすすめホームページ