無料ブログはココログ

« 各定。 | トップページ | 偶数年生まれたち。 »

2011年8月14日 (日)

過ぎたるは。

遅れましたが愛馬の出走もあった週末。ブライトメッセージ、レットイットスノー、そしてラストノート更新済。以下、転載。

先ずはブライトメッセージ。

「8/13(土)小倉3R・芝2000m(牝)戦に川田騎手で出走し、馬体重は前走から-6の470kgでした。レースでは、スタートをほぼ五分に出ると、気合を付けながらハミを取らせて行き、中団やや前めの内からの追走になりました。道中も追っ付けながらの追走で、直線は外に出して追い出していくと、加速がつくと鋭い伸び脚を見せてくれました。最後は勝ち馬には及ばなかったものの、0.4秒差の5着に入り、次走への優先出走権を確保しています。騎乗した川田騎手は「道中は内枠だったので、スローペースの中で動くに動けませんでした。道中はハミ受けがいまひとつで、若干内にもササリささり気味でした。ただ直線外に出してからは良い伸びを見せてくれたので、道中もう少し前に行けていれば差はなかったと思います」とコメントしていました。」

やっと競馬らしい競馬になってホッとしました…。

スタートも良く、懸念された行き脚も、川田騎手が追って良いポジションを取ってくれました。向こう正面でレースが動いたときに、反応が無かったようで、3コーナーあたりで着順を下げたときは、「あらま…」と思いましたが、3~4コーナー中間地点から、追ってシゴいて、大外出してムチ入れて…。そこからの伸び脚は見所ありで、「ここまできたら5着以内!!!」と絶叫!なんとかクビ差で交わして掲示板確保、って、ことで次走への優先出走権確保!!!

あぁ、大きなクビ差です…(喜)。消長激しい関西でリーディング上位を維持してる川田騎手、さすがの騎乗です。ワケ分からん関東のビッグマウスのアンちゃんとは違いますね。←誰のことだよ。

今回で、三戦目。変わり身が見られない場合は後が無くなってしまう立場でしたが、好騎乗の御蔭で、次走を有利に選択出来る事になりました(嬉)。

出来ることならば、次走も川田騎手に御願いしたいところです…。

また、次走はどこでしょうか。阪神開催から出走制限付きになりますので、イロイロと悩むところですが、芝戦に限ると…。

レース後の状態次第ですが、最有力は中2週での「9月4日 小倉 3R 芝2000m」でしょうか。ただ、ここだと前述の阪神開催前での最後の芝中長距離戦。有力視される過去5走以上のキャリアの馬たちが、こぞって目標にするレースですね。となると1週前の同距離の牝馬限定戦でしょうか、って、ここだと中1週での小倉⇔栗東の輸送になります…。

ズブいウチの馬に距離短縮は厳しいかと思うので、限定未勝利戦の1600mはどうなんでしょうか…。うーん、悩ましい…。って、私が悩んでも仕方ないんですが。

最後に、優先出走権が確保出来た今回、ホントに川田騎手に感謝です。

次いで金曜の情報ですレットイットスノー。

「この中間も順調です。周回コースでじっくり乗った後、直線ダートでハロン17秒を毎日1本乗っています。先週末(土)にはダートコースで併せ馬を行いました。終い重点の強め調教で、良い動きを見せてくれました。硬さもなく、乗り込みに比例して順当に良化しています。9月に山元TCへの移動を考えています。現在の馬体重は485kgです。」

やっと本州上陸が視野(嬉)。育成中も順調にきてくれたので、安心して見てましたが、これからも順調に(願)。

〆はラストノート。

「山元TC到着後はマシン運動のみにとどめてリフレッシュさせました。8月10日(水)から乗り出しており、直線坂路でハロン17秒を1本乗っています。10月1日(土)中山・芝2000m戦を目標に調整していきます。テンションは落ち着いているほうです。現在の馬体重は477kgです。」

夏場の暑い時期です。先ずはガス抜き、リフレッシュを。復帰まで一ヵ月半、今度こそは、今度こそは、と思い上半期が終わり、もう8月ですが、秋の復帰戦を楽しみにしてます。

« 各定。 | トップページ | 偶数年生まれたち。 »

'07年産 ラストノート
(ダイナフェアリーの07)
」カテゴリの記事

'08年産 ブライトメッセージ
(エヴリウィスパーの08)
」カテゴリの記事

'09年産 レットイットスノー
(アスピリンスノーの09)
」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 各定。 | トップページ | 偶数年生まれたち。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

My愛馬たち

愛馬たちの御仲間
おすすめブログ&おすすめホームページ