無料ブログはココログ

« 脚元第一。 | トップページ | ガクンと。 »

2012年10月 6日 (土)

志向錯誤。

ダート戦に活路を見出したいラストノート、本日更新。以下、転載。

「10月6日(土)東京6R・ダート1600m戦に横山典弘騎手57kgで出走、馬体重は前走から14㎏増えて488㎏でした。揃ったスタートから序盤はリズムよく好位集団を進んでいきました。道中は内々から脚を溜めていくと、直線では最内に進路を取って伸びてくるかと思われましたが、そこからの伸び脚が一息で勝ち馬から0.9秒差の9着でレースを終えています。レース後、横山典弘騎手は「去勢手術をしてから初めて跨ったレースでしたが、あまり馬が変わったという印象はありません。ゲートに関しては出ることは出てくれたものの、依然として危ないところはありますね。こういう気性の馬で距離が短い方が乗りやすいのは確かですがその反面、この馬の良さが出てこないような気もします。6着と初めてのダートで頑張ってくれましたが、芝の2400m戦などで苦労して乗っている方がいい結果が出てくるかもしれません」と本馬を熟知する横山典騎手ならではの分析を交えたコメントをしてくれました。また、鈴木康弘調教師は「横山典騎手も言っていたように、長い距離で折り合いに労するぐらいの方のいいのかもしれません。使えるか不透明ですし、今後の馬の状態を確認しながらにはなりますが、今開催の4週めの芝2000m、ダート2100mあたりを候補として考えています」とコメントしています。」

不利なく、また、引っ掛かる事も無くスムーズにレースが出来ましたね。ただ、直線向いて、これから!という所から、伸びず、バテず…といった感じでした。ダートが苦手、というより、向いてない感じですね。って、レポには9着、と記載がありますが、6着ですよね…。

« 脚元第一。 | トップページ | ガクンと。 »

'07年産 ラストノート
(ダイナフェアリーの07)
」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 脚元第一。 | トップページ | ガクンと。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

My愛馬たち

愛馬たちの御仲間
おすすめブログ&おすすめホームページ